ヘナ白髪染め 白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組み

ヘナとインディゴ白髪染めの原理

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

質問:ヘナとインディゴを別々に染める二度染めの方法と、ヘナ+インディゴ(ヘナとインディゴが混ざっているもの)で一度染めの方法と、どちらがどう違うのでしょう?

ヘナしてインディゴするか、ヘナ+インディゴするかは手間の問題

まは: ヘナしてインディゴする、二度染めで白髪染めをするか、ヘナ+インディゴで一度で白髪を染めるかは、主に、手間の問題です。

最初にヘナで1時間~程度で白髪染めし、続けてインディゴで30分~程度の後染めをすると、普通に行っても、最低2時間かかります。ところが、ヘナ+インディゴの場合は、1時間(45分くらいでも可能)程度で済みますので、一回にかかる時間がヘナ+インディゴの場合は短縮されます。

一般的にヘナ+インディゴ(製品名:ハーバルカラー)の白髪染めが向く方は………

  • 1毎日忙しく、一回に染めることに費やせる時間が少ない方
  • 2あまり濃く、暗めに染めたくない方
  • 3白髪の量が少なく、ヘナの赤味発色を抑えたい方

におすすめです。↓ヘナ+インディゴは製品名:ハーバルカラーシリーズ

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

溶かして塗って1時間の100%植物性ハーバルカラー

さっとお湯に溶かして塗って1時間で洗い流す。1~2週間に一度染めることで白髪がわかりにくくなります。ブラウン~ダークブラウン~ブラックまで5色

特に、ヘナとインディゴを別々に、二度染めする方法が向く方は………

  • 1白髪が多い方で、ほとんど黒に染めたい方
  • 2仕上がり重視の方
  • 3髪質がしっかりとして太い方

まは: は、ヘナとインディゴを別々にする二度染めの方法がおすすめです。

まは: 白髪が多い方で、白髪をほとんど黒に染めたい方は、まず、最初に、しっかりとヘナで白髪に赤オレンジ色を入れます。そのあと、インディゴをたっぷり使って、後染めを行い、藍色を赤オレンジの上にのせることで、ほぼ黒、ないし、ダークなブラウン系、栗色系に仕上げます。

まは: また、髪質が太くしっかりしている方は、一般的に染まりが弱くなる(実際には弱いように見える)傾向がありますので、ヘナしてインディゴする二度染めの方法のほうがしっかり染まりますのでおすすめです。

まは:また、ヘナに仕上がりのよさ、トリートメントなどを期待されている方は、最初にしっかりとヘナをして、インディゴは別に後染めする方法のほうが手間隙、少し余計にかかりますが、おすすめです。

ヘナで染めてインディゴで後染めする方法と、ヘナ+インディゴの一度染めの方法は使い分ける

まは: 時間がある、毎日に余裕があり、時間をかけて白髪染めをすることができる方の場合は、ヘナとインディゴを別々にされる方法をおすすめです。理由は、これは、ただ、単に、それぞれ別々に染めたほうが染まりがよいからです。

まは: ただ、人には社会生活があり、なかなか時間が取れないときがあります。そんなときには、ヘナ+インディゴでささっと45分くらいで染めてしまう………そのときどきの状況などによって使い分けるといいのです。

ヘナとインディゴを別々に購入しておく

まは: 状況、時と場合によって、ヘナして、インディゴで後染めする、あるいは、今日は時間がないからヘナ+インディゴする………こういった使い分けをするには、実は、ヘナとインディゴを別々に購入しておくのです。ヘナとインディゴが、あらかじめ混ざった製品は便利なのですが混ざっているから、つぶしがきかなくなってしまいます。別々に購入しておけば、いかようにもヘナとインディゴの白髪染めを行うこことができます。

ヘナ白髪染め 天然成分だけで白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組み

ヘナ白髪染め→インディゴ後染め

天然成分だけで白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組みを知ろう!

ヘナインディゴ白髪染めの原理

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

なぜヘナとインディゴで白髪が黒に染まったり、ダークブラウンに染まったりするのか、その原理がわかれば、応用もしやすい。

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

インディゴの発色は染め終わった後に始まる。インディゴを洗い流した直後はあまり染まっていないが、空気に触れることで酸化し、急激に発色していく。

白髪がヘナとインディゴで綺麗に染まる仕組み……ヘナとインディゴの発色モデル

白髪がヘナとインディゴで綺麗に染まる仕組み……ヘナとインディゴの発色モデル

ヘナとインディゴの白髪染めの仕組みが手にとるようにわかる!仕組みがわかれば応用自在!

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

ヘアマニキュア7年で目と頭皮にかゆみ・ヘナとインディゴ白髪染めで大満足!

よく染まるマハラニヘナ石臼挽きとマハラニインディゴがおすすめ

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有 伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

染毛力抜群のマハラニ・インディゴ

ヘナの赤味を暗めに抑える100%植物性染毛料。重金属検査済。繊維質と砂分を徹底除去で純度が高く、染毛力が強い。化学薬品ゼロ宣言工場にて生産で、一切の薬品を使用せず、混入の心配もありません、100%無添加天然の高品質インディゴ。

実験ヘナやインディゴで白髪染め

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めの時間調節でダークブラウン、ブラックへ

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めの時間調節でダークブラウン、ブラックへ

最終的な染まり色を調節するには、1)インディゴの濃度(濃さ、強さ)と、2)インディゴの後染め時間(30分か1時間~か) これら二つを調節します。ヘナの赤味を飛ばしたいだけの場合は、薄いインディゴで15分程度。真っ黒にしたい人は濃いペーストで1時間程度です

実験・ヘナとインディゴ白髪染め色見本

実験・ヘナとインディゴ白髪染め色見本

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、白髪を黒ではなく濃茶(ダークブラウン)系に

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、白髪を黒ではなく濃茶(ダークブラウン)系に染めるには?

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、茶系(ブラウン系)に染めるには?

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、茶系(ブラウン系)に染めるには?

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

実験・インディゴ染めにレモン汁は混ぜたほうがいいか?

実験・インディゴ染めにレモン汁は混ぜたほうがいいか?

染まりにくい生え際の白髪をばっちり染める方法!

染まりにくい生え際の白髪がバッチリ染まった!美容院さんのプロの技


 ヘナ白髪染めの仕方モデル

↑ PAGE TOP