ヘナ白髪染め ヘナ白髪染め→インディゴ後染め

理屈を知っておこう!ヘナとインディゴで白髪が染まる原理

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

Tさんからのお便り: まはさんが、私は使っていないけど、インディゴに酢を試されている項目を見つけて・・・ インディゴって、日本の藍に近いのですかね?(無知でごめんなさいね)髪に染めて青っぽくなった後の後、酸化によって落ち着いた黒っぽさを求めるならちょっと外れるかもしれませんが、藍って色止めに、塩を使うんですよね、染色では。ただ、藍で染める木綿(つまり植物繊維に用いられる)ので、蛋白異質の繊維である人髪に有効かはわからないのですが・・

この記事は以下の記事のつづきです
ヘナ後の酢止めで白髪が赤銅系にしっかり染まる

インディゴの塩止めは有効のようだ……?

Tさん: 藍って色止めに、塩を使うんですよね、染色では。ただ、藍で染める木綿(つまり植物繊維に用いられる)ので、蛋白異質の繊維である人髪に有効かはわからないのですが・・

インディゴの塩止めは有効のようだ…

まは:なるほど、じゃ、実験してみないと………。インディゴ染め=藍染めをし、その後、塩で色止めしたものと、そうでないものが、どの程度の色のモチかを実験してみる必要ありますねーーーということで、早速、実験してみたのが、上の結果です。まず、2本の白髪束(ヤギ毛を使用)をマハラニ特選インディゴで藍色に染めたものを用意しました。酸化し、十分に発色した状態で、一本を真水に浸け置き、もう一本を塩水に浸け置き、色の落ち具合を観察しました。

まは: 上の写真では、とてもわかりにくいですが、Aの真水のほうは、わずかに水が黄色っぽくなっています。インディゴの何かの成分が落ちていると考えられます。それに対し、Bの塩水のほうは無色といった感じで、インディゴから何かが溶け出しているようには見えません。ただし、あくまで比較の問題でしかありませんが、どちらかといと、Bの塩水は、塩によって藍の色止めになっているのではないかなーーと思われますが、この仮説が有効なのかどうなのかを継続して検証していけばいいかとは思っていますが、とりあえず、今日の上の実験では、わずかに塩止めが色落ちをわずかに防止しているんじゃないかなとは思える感じです。

藍はアルカリ性の石鹸類で色落ちする

まは: 藍をどう止めるか、ということで、塩止めがいい、あるいは、酢止めがいいとか、いろいろとあるかと思いますが、上の実験では塩止め、わずかに効果らしきものが確認できたのですが、それ以上に、色落ちを防ぐために、石鹸(アルカリ)類で洗わないということがあるようです。一つ見つけたのが示唆に富む記事を見つけました。

参考記事(外部サイト)
藍染めの胴着 色止めの方法

まは: これは、藍染めの剣道着の色止めですが、そこで、藍染は酸性で染料が固定され、アルカリで色が溶け出すとあります。洗剤はアルカリ性のため、洗剤を使って洗うと色落ちしやすいというような内容ですが、これって、ヘアケアでも似たようなことがいえるのかな?と。。。早速、実験してみたところ………

インディゴ染めの後、石鹸シャンプー(アルカリ)類で髪を洗うと色落ちする!!

インディゴ染めの後、石鹸シャンプー(アルカリ)類で髪を洗うと色落ちする!!

まは: 3本の白髪束(ヤギ毛)をインディゴ染めし、それを丸一日放置して藍色に綺麗に発色させたものを用意。それをAはシカカイ洗浄液に浸け置き、Bは石鹸洗浄液、Cは真水に、それぞれ、一晩付け置いたもの。中央、Bの石鹸(アルカリ)液に浸け置いたものは、藍色が液に落ちて、藍色の液体になっている。相当の藍が落ちたようで、実際に、中央の白髪束は若干薄くなっている。アルカリの石鹸水で数回、洗ったら繰り返したら、藍色かなり薄くなるだろうと容易に想像できる。

インディゴ染めの後、シカカイなどのハーブシャンプーで、インディゴが濃く発色するようだ

まは: また、シカカイ(弱酸性)で洗ったものについては、色落ちはしていないように見えます。一番左のAでは、溶液はシカカイの粉の色であって、藍色がそこにあるようには見えないです。また、Aに浸け置いた白髪束の藍色は、他よりも濃いように見えます(上の写真の一番左の白髪束。)実際に藍色がどちらかというと、より紺色っぽく濃く発色しています。

仮説の結論:インディゴを使う白髪染めでは、塩で止め、また、アルカリ性のシャンプー類(特に石鹸シャンプー)はインディゴが色落ちするので使用しない。ベストはハーブシャンプーである。

ヘナ白髪染め 天然成分だけで白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組み

ヘナ白髪染め→インディゴ後染め

天然成分だけで白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組みを知ろう!

ヘナインディゴ白髪染めの原理

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

なぜヘナとインディゴで白髪が黒に染まったり、ダークブラウンに染まったりするのか、その原理がわかれば、応用もしやすい。

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

インディゴの発色は染め終わった後に始まる。インディゴを洗い流した直後はあまり染まっていないが、空気に触れることで酸化し、急激に発色していく。

白髪がヘナとインディゴで綺麗に染まる仕組み……ヘナとインディゴの発色モデル

白髪がヘナとインディゴで綺麗に染まる仕組み……ヘナとインディゴの発色モデル

ヘナとインディゴの白髪染めの仕組みが手にとるようにわかる!仕組みがわかれば応用自在!

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

ヘアマニキュア7年で目と頭皮にかゆみ・ヘナとインディゴ白髪染めで大満足!

よく染まるマハラニヘナ石臼挽きとマハラニインディゴがおすすめ

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有 伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

染毛力抜群のマハラニ・インディゴ

ヘナの赤味を暗めに抑える100%植物性染毛料。重金属検査済。繊維質と砂分を徹底除去で純度が高く、染毛力が強い。化学薬品ゼロ宣言工場にて生産で、一切の薬品を使用せず、混入の心配もありません、100%無添加天然の高品質インディゴ。

実験ヘナやインディゴで白髪染め

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めの時間調節でダークブラウン、ブラックへ

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めの時間調節でダークブラウン、ブラックへ

最終的な染まり色を調節するには、1)インディゴの濃度(濃さ、強さ)と、2)インディゴの後染め時間(30分か1時間~か) これら二つを調節します。ヘナの赤味を飛ばしたいだけの場合は、薄いインディゴで15分程度。真っ黒にしたい人は濃いペーストで1時間程度です

実験・ヘナとインディゴ白髪染め色見本

実験・ヘナとインディゴ白髪染め色見本

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、白髪を黒ではなく濃茶(ダークブラウン)系に

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、白髪を黒ではなく濃茶(ダークブラウン)系に染めるには?

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、茶系(ブラウン系)に染めるには?

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、茶系(ブラウン系)に染めるには?

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

実験・インディゴ染めにレモン汁は混ぜたほうがいいか?

実験・インディゴ染めにレモン汁は混ぜたほうがいいか?

染まりにくい生え際の白髪をばっちり染める方法!

染まりにくい生え際の白髪がバッチリ染まった!美容院さんのプロの技


 ヘナ白髪染めの仕方モデル

↑ PAGE TOP