ヘナ白髪染め 白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組み

ヘナとインディゴ白髪染めの原理

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

ヘナとインディゴの発色の仕方…モデル写真でわかりやすい

ヘナ100%で白髪を染めた場合の発色の仕方

ヘナ100%で白髪を染めた場合の発色の仕方
ヘナ100%

インディゴ100%で白髪を染めた場合の発色の仕方

インディゴ100%で白髪を染めた場合の発色の仕

自然染めで染める場合は、白髪の場合も含めて、「酸化」して色が深まるプロセスが大なり小なりある。 特にインディゴの場合は、酸化プロセスが主で、インディゴで染めた直後には発色していないが、空気に触れることで藍色が発色してくる。


インディゴ発色プロセスの検証。インディゴ染毛時における酸化と染毛の関係

上の写真、詳細は、インディゴ発色プロセスの検証。インディゴ染毛時における酸化と染毛の関係で、見てもらうとして、Aは、インディゴ染めの直後で、それから10分経過すると緑っぽく発色し始め、丸1日で以下のように、藍色に発色する。


インディゴ発色プロセスの検証。インディゴ染毛時における酸化と染毛の関係

インディゴは酸化プロセスが主だが、ヘナの場合は酸化が主ではない。

ヘナ単体、インディゴ単体で白髪を染めた場合の発色の仕方
ヘナ単体、インディゴ単体で白髪を染めた場合の発色の仕方

インディゴは空気に触れることで一揆に発色が進むが、ヘナは空気にさらされることで、色が落ち着いていく、つまり色が深まってくる。ヘナはインディゴとは異なり、酸化のプロセスではなく、発色の仕方が異なる。

ヘナ染めし、インディゴで後染めする場合の発色モデル

 

ヘナ単体、インディゴ単体で白髪を染めた場合の発色の仕方
 

下地にヘナオレンジがあり、その上に、インディゴの藍色がそのままのって、とても綺麗に発色する。ここで今一度、ヘナ染めとインディゴ染めを行ったときの発色イメージ図を見てみよう。


ヘナとインディゴの発色の仕方…モデル写真でわかりやすい

ヘナ(赤オレンジ)とインディゴ(藍色、青)で、白髪が綺麗に美しく染まる理屈がわかっていただけただろうか?つまり、ヘナの直後は、白髪は綺麗に赤オレンジ色に染まるが、インディゴの後染めをしたあと、その直後は大してそまっているようには見えないはず。ところが、翌日になってみて、鏡をみて、はっと驚いてしまう。髪が真っ黒に染まっているわけなんです。つまり、

ヘナ白髪染め後

ヘナ白髪染め後

ヘナ白髪染め後、このように白髪が赤オレンジ色に染まっていて、インディゴで後染めした直後は、大して染まっているようには見えなかった(赤味が飛んだ程度に見える)ものが、翌日には↓↓こんな感じに発色します。

インディゴ後染めの翌日以降

インディゴ後染め

インディゴの発色には3日かかりますので、インディゴを洗い流すのは、お湯洗いでさっと流します。インディゴが十分に発色していない間にシャンプーなどで洗うと、せっかくのインディゴが流れ落ち、発色が弱くなります。また、インディゴ後染め後、最低でも1日、できたら数日は、髪は軽くお湯洗い程度にしましょう。

ヘナ白髪染め 天然成分だけで白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組み

ヘナ白髪染め→インディゴ後染め

天然成分だけで白髪がダークブラウンや黒に染まる仕組みを知ろう!

ヘナインディゴ白髪染めの原理

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

なぜヘナとインディゴで白髪が黒に染まったり、ダークブラウンに染まったりするのか、その原理がわかれば、応用もしやすい。

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

ヘナとインディゴの発色の仕方が一目でわかる!モデル写真

インディゴの発色は染め終わった後に始まる。インディゴを洗い流した直後はあまり染まっていないが、空気に触れることで酸化し、急激に発色していく。

白髪がヘナとインディゴで綺麗に染まる仕組み……ヘナとインディゴの発色モデル

白髪がヘナとインディゴで綺麗に染まる仕組み……ヘナとインディゴの発色モデル

ヘナとインディゴの白髪染めの仕組みが手にとるようにわかる!仕組みがわかれば応用自在!

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

ヘナしてインディゴで後染め(二度染め)?それともヘナ+インディゴで一度で白髪染め?

ヘアマニキュア7年で目と頭皮にかゆみ・ヘナとインディゴ白髪染めで大満足!

よく染まるマハラニヘナ石臼挽きとマハラニインディゴがおすすめ

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有 伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

染毛力抜群のマハラニ・インディゴ

ヘナの赤味を暗めに抑える100%植物性染毛料。重金属検査済。繊維質と砂分を徹底除去で純度が高く、染毛力が強い。化学薬品ゼロ宣言工場にて生産で、一切の薬品を使用せず、混入の心配もありません、100%無添加天然の高品質インディゴ。

実験ヘナやインディゴで白髪染め

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めの時間調節でダークブラウン、ブラックへ

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めの時間調節でダークブラウン、ブラックへ

最終的な染まり色を調節するには、1)インディゴの濃度(濃さ、強さ)と、2)インディゴの後染め時間(30分か1時間~か) これら二つを調節します。ヘナの赤味を飛ばしたいだけの場合は、薄いインディゴで15分程度。真っ黒にしたい人は濃いペーストで1時間程度です

実験・ヘナとインディゴ白髪染め色見本

実験・ヘナとインディゴ白髪染め色見本

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、白髪を黒ではなく濃茶(ダークブラウン)系に

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、白髪を黒ではなく濃茶(ダークブラウン)系に染めるには?

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、茶系(ブラウン系)に染めるには?

ヘナ白髪染め後、インディゴ後染めで、茶系(ブラウン系)に染めるには?

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

インディゴは塩止め後、色落ちさせるアルカリ性の石鹸シャンプー類は使用せずハーブで髪を洗う

実験・インディゴ染めにレモン汁は混ぜたほうがいいか?

実験・インディゴ染めにレモン汁は混ぜたほうがいいか?

染まりにくい生え際の白髪をばっちり染める方法!

染まりにくい生え際の白髪がバッチリ染まった!美容院さんのプロの技


 ヘナ白髪染めの仕方モデル

↑ PAGE TOP