ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

白髪染め必須知識:インディゴの発色はさらし時間が決め手:インディゴで濃く染めるには、よくさらしましょう!

インディゴは、白髪染めでは欠かすことができないハーブです。ヘナで白髪に赤オレンジ系の色素が入ります。そこにインディゴで後染めすることで、この赤味を押さえ、ダークブラウン系の染まり方にする、あるいは、黒髪に染めることができます。よくわからない人は、まずは以下のページで基本を理解してください。

参考記事
ヘナ白髪染め→インディゴの後染めで白髪がほぼ黒髪に

「さらす」とは、半乾きの濡れた状態で放置すること。インディゴ染めの後、髪からインディゴを洗い流し、タオルドライしながら、乾いてきたら、水を少しつけて湿らせ、乾燥しないように空気にさらすことをいいます。

極端な話し、インディゴ染めの場合、さらさなければ発色しない

ヘナ白髪染めすると、上の写真のように白髪が赤オレンジに染まります。これを、インディゴで後染めし、藍色を入れることで、ぐっと暗めに、ほとんど黒髪に仕上がります(写真下)

ヘナの赤オレンジ色と藍色が重なると、ダークブラウン、黒色になる理屈の説明

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

実験で使用したのは、マハラニ・インディゴで、4倍液で使用しました。4倍液とは、インディゴの重さの4倍の熱湯で溶かしたもので、ちょうどマヨネーズ状に練りあがり塗りやすいです。また、インディゴ染めでは温度が重要で、熱湯で溶かし、塗れるほどに温度が下がった頃、まだ熱いくらいのころに髪に塗るほうが染まりがよいようです。

実験のやり方は簡単で、インディゴの4倍液に白髪束を所定の時間、浸け置き、所定の時間、さらし、その結果を撮影しただけの、シンプルな実験です。この実験ではヘナは使っていませんので、白髪は藍色にしか染まりません、当然ですが。。。

極端な話し、インディゴ染めの場合、さらさなければ発色しない

インディゴ染めで、忘れがちなのが、さらし時間。染色の世界では、よく知られていると思いますが、インディゴは酸化して発色します。で、インディゴ染めをした後に、いかに上手にさらすかで、発色が違ってきます。さらに言うと、インディゴ染め時間よりも、さらし時間のほうが重要かもしれないということが実験からわかりつつあります。

極端な話し、写真の白髪束A(インディゴ染め時間15分)、あるいは、写真の白髪束B(インディゴ染め時間45分)で、インディゴ染めした後に、まったくさらさないで、インディゴを洗い流して、すぐにヘアドライヤーで乾燥させたら、白髪束は白いままで藍色には発色しません。(正確には、何日か経過して、紫色に発色をします。後述。)

さらし時間が長いと発色がよい

さらし時間が長いと発色がよい

上の写真、AとBを見ると、一目瞭然。この結果をみたら、まはだったら、Aをやりますねーーーー。だって、インディゴを髪においておく時間、15分でいいんですから。 ヘナは髪に長い間、置いていても苦にならないんだけど、正直、インディゴは苦になります。Bのようにインディゴを45分髪においておくよりも、インディゴ染め時間15分で、洗イ流し、1時間くらいタオルドライというか、少し湿らせたタオルを頭にまいておくほうがいいかな。。。。

ヘナは染め時間が長いほうがよく染まりますが、インディゴは染時間が長くても、さらし時間が短いと発色が悪い。染め1時間しても、すぐにヘアドライアーで乾燥させると発色しにくい。

ヘナの染まり方と、インディゴの染まり方は、仕組みがまるきり違うようです。インディゴは酸化して発色するために、湿った状態で空気にさらすことが大事です。さらしたほうがよく発色します。

インディゴ染めの後に、さらし時間ゼロで、ヘアドライアーで速乾させると藍色に発色しないが、三日ほどすると、紫っぽく発色してくる

いままでインディゴ染めした白髪束が、しばらく経過して紫に発色してくるのを見て、あれ?と不思議に思ったことが何度もある。今回は、もろにインディゴの紫染まりに直面した。上の写真の白髪束の右側からわかるとおり、インディゴ染めの後に、さらし時間ゼロ分、つまり全くさらさないで、すぐに乾燥させると、ほとんど染まっていない白髪束のままの状態で、それを、そのまま放置したら、少しづつ少しづつ、紫発色が現れ、3日後には、完全に紫に発色してきた。上の白髪束の左側は、20分さらしているので、ある程度、藍色に発色しているが、それでもさらし時間が十分じゃなかったたため、十分に発色しなかったためか、こちらも紫がかって見える。

インディゴ染めの後の紫発色は何なのか?

インディゴ染めの後、3日以上経過して現れてくる紫発色について仮説を考えているところ。

  • 1.インディゴ染めの後、さらし時間、さらし方が十分でない場合、あるいはさらし方が十分でなかった分だけ、数日経過すると、紫に発色してくる。
  • 2.インディゴ染めの後、数日経過すると、紫の発色があるが、他の色との兼ね合いでわからないだけ。

インディゴ染めの後、3日以上経過して現れてくる紫発色について仮説を考えているところです。気になるのが、日数が経過してくると、紫発色がでてきたり、でてこなかったりすること。いつも日数が経過して紫発色がでてくれば、必ず紫発色するのかもと思えるのですが、どうも別の要因があって、紫に発色する場合としない場合があるような感じです。これについては、さらに実験をしてみたいと考えています。

とりあえず、紫発色を防ぐには、さらすことです。インディゴ後染めを行った後は、数日、髪を洗ってはタオルドライすると、濃く発色してきて、また、紫発色を防げるという仮説です。




インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの発色について

イインディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

インディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

インディゴの後染め注意点:インディゴ染め後、さらさないで速乾させると染まりにくい

インディゴの後染め注意点:インディゴ染め後、さらさないで速乾させると染まりにくい

白髪染め必須知識:インディゴ染めの後さらさないで速乾させると染まらない

インディゴ染め後、ドライヤーで速乾させると発色が悪い

インディゴ染めで髪が紫に発色してしまう問題

インディゴ染めで白髪が紫に発色してしまう問題

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

ヘアダイパーマの長期使用でダメージがあると最初のヘナで白髪の発色が悪い

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

美容師Kさんからのお便り:インディゴ染めの、紫発色の件

最初緑色でじょじょにダークブラウンに……これがヘナ後のインディゴ発色

最初緑色でじょじょにダークブラウンに……これがヘナ後のインディゴ発色

ヘナ白髪染め後、特選インディゴ後染めすると黒っぽくにしか染まらない?

ヘナ白髪染め後、特選インディゴ後染めすると黒っぽくにしか染まらない?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

実験第2弾!特選ヘナと特選インディゴ(木藍)でどこまで白髪が暗めに染まる?

実験第2弾!特選ヘナと特選インディゴ(木藍)でどこまで白髪が暗めに染まる?

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

インディゴの白髪束染毛実験

インディゴの白髪束染毛実験

もう面倒臭いなんて言わせない!ヘナ+インディゴの白髪染め、自由自在!

もう面倒臭いなんて言わせない!ヘナ+インディゴの白髪染め、自由自在!

ヘナとインディゴの配合比率を変えての白髪束の染毛実験

ヘナとインディゴの配合比率を変えての白髪束の染毛実験

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

お手軽な白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

お手軽な白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

インディゴカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果

インディゴカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果

↑ PAGE TOP