ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

間違いだらけのヘナ!ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

ヘナ染め方のコツ・ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてしまったらどうする?

間違いだらけのヘナ!ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

ヘナ染め方のコツ・ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

インディゴ染め後、洗い流し、すぐにヘアドライヤーで速乾させると

インディゴ染め後、洗い流し、すぐにヘアドライヤーで速乾

インディゴ染めの後、ヘアドライヤーで速乾させると、インディゴの酸化発色プロセスが止まってしまい、一見、黄色というか黄緑という感じに見える。ところが、一箇所、インディゴ染めをしている際、際で空気に触れていた箇所は藍色に発色していた。染めている間に空気に触れ、発色していたためだ。黄色というか、黄緑の部分はインディゴのペーストにどっぷりと浸かっていて空気にふれていなかった部分。

インディゴ染めの様子

上の写真の白い矢印の部分が、染めている間に空気に触れて発色していた部分。インディゴ染めというものが酸化によって発色させるプロセスであることがよくわかる。

インディゴ染め後、空気に触れさせるためにラップしないほうがいいという人がいるので、以下の実験も過去に行った。

インディゴ染め、空気にさらし実験

空気に触れさせながら、インディゴ染めを行ったが、確かに洗い流した直後には発色しているが、空気に触れさせないで染めたものと大差がない結果が、上の実験では出ていた。以下のリンクの記事を参考に。

インディゴ発色プロセスの検証。インディゴ染毛時における酸化と染毛の関係

白髪染めにインディゴを使用する方必見!インディゴ発色プロセスの検証。インディゴ染毛時における酸化と染毛の関係

インディゴは湿気がある状態で酸化し発色するが、また、インディゴは湿気がある状態だと色落ちしやすい。

実験に使用したのは、2016年収穫マハラニインディゴです。

写真CとDは、マハラニインディゴを溶かし、2時間程度、漬け置いて洗い流し、すぐにヘアドライヤーで速乾させたもの。

写真Bは、マハラニインディゴを溶かし、3時間程度、漬け置いて洗い流し、そのまま自然乾燥させた。インドの気候のため、だいたい3~4時間でカラカラに乾く。

写真Aは、マハラニインディゴを溶かし、3時間程度、漬け置いて洗い流し、そのまま自然乾燥させながら、乾いてしまう前に、水に浸して水気を補うを一日繰り返して、最後は自然放置して乾燥させたもの。

実験に使用したのは、2016年収穫マハラニインディゴです。

ここで問題なのは、ずばりA。Aは色が薄くなりかかっている。AはBの後、さらに水で洗いながら湿らせて、発色を促進させようとしたが、逆に色落ちしてきて、インディゴが薄くなってきてしまった。インディゴは色褪せする。何度も洗いながら、湿らせるを繰り返すことで、色が剥げ落ちてきたのだ。

ちなみに、CとDが薄茶のような不思議な色をしているが、これは、最初、黄色というか黄緑で、丸一日経過することで、インディゴが酸化し少し発色した状態。インディゴが酸化発色するには適度な湿り気が必須だが、ここではヘアドライヤーで完全に乾かしきってしまったため湿り気がなく、十分に発色できていない。これから、Dを水に一度濡らして、再度、発色を再開させてみようと思う。今回は、Aのように洗ったりせず、Dを一度切り水に濡らし、そのまま数時間、自然乾燥でどの程度色が深まるかを見てみようと思う。

インディゴ染めの後、ヘアドライヤーで速乾しても、再度、湿らせ自然乾燥をさせることで発色が進む

実験に使用したのは、2016年収穫マハラニインディゴです。

ただし、上の写真のCの場合、インディゴの成分は藍色に発色して油溶性のインディゴとなっておらず、水溶性のまま、非常に落ちやすい状態で髪に付着していると思われるため、このタイミングで石鹸やシャンプーなどで髪を洗うと、せっかくのインディゴが落ちやすくなるので、水を含ませる程度に湿らせ、もしタオルでふき取り、その際、多少のインディゴがタオルに付着し汚れます。で、このままタオルを巻いて温かい部屋でタオルドライするか、どうしても必要なら、軽くヘアドライヤーをかけて、湿り気が髪に含まれいてる状態でドライヤー使用を停止し、そのままタオルドライで1時間程度で自然乾燥させるといいでしょう。




インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの発色について

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

これがヘナとインディゴの発色の原理!絵の具の実験でも、赤にインディゴブルーが混ざると、なんとなく黒っぽい

イインディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

インディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

白髪染め必須知識:インディゴの染め方はさらし時間が決め手

白髪染め必須知識:インディゴの染め方はさらし時間が決め手

白髪染め必須知識:インディゴ染めの後さらさないで速乾させると染まらない

インディゴ染め後、ドライヤーで速乾させると発色が悪い

インディゴ染めで髪が紫に発色してしまう問題

インディゴ染めで白髪が紫に発色してしまう問題

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

ヘアダイパーマの長期使用でダメージがあると最初のヘナで白髪の発色が悪い

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

美容師Kさんからのお便り:インディゴ染めの、紫発色の件

最初緑色でじょじょにダークブラウンに……これがヘナ後のインディゴ発色

最初緑色でじょじょにダークブラウンに……これがヘナ後のインディゴ発色

ヘナ白髪染め後、特選インディゴ後染めすると黒っぽくにしか染まらない?

ヘナ白髪染め後、特選インディゴ後染めすると黒っぽくにしか染まらない?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

実験第2弾!特選ヘナと特選インディゴ(木藍)でどこまで白髪が暗めに染まる?

実験第2弾!特選ヘナと特選インディゴ(木藍)でどこまで白髪が暗めに染まる?

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

インディゴの白髪束染毛実験

インディゴの白髪束染毛実験

もう面倒臭いなんて言わせない!ヘナ+インディゴの白髪染め、自由自在!

もう面倒臭いなんて言わせない!ヘナ+インディゴの白髪染め、自由自在!

ヘナとインディゴの配合比率を変えての白髪束の染毛実験

ヘナとインディゴの配合比率を変えての白髪束の染毛実験

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

お手軽な白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

お手軽な白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

インディゴカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果

インディゴカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果

↑ PAGE TOP