ヘナ白髪染め ヘナ白髪染め→インディゴ後染め

白髪が多く、がっちり暗め(ほぼ黒髪)に染めたい人向け

黒髪復活!ヘナとインディゴ白髪染めでここまでダークな仕上がり

インディゴ最高・・20代に戻ったような気分!


インド人Sさんは、まはのヘナ愛用者。この5年、まはのヘナを愛用している。以前、ケミカルな毛染めを使っていて髪がどんどんと薄くなってきて、このままではハゲるなと、ちょっと心配になり、ヘナ白髪染めを始めたが、ほとんど白髪のため、赤オレンジがやはり気になる。そこで、インディゴでの後染めに方法にチャレンジ。結果、黒髪復活でずっと続けている。

ヘナやインディゴ使用前:総白髪


ちなみに、これが素の状態。8割白髪というか、総白髪。なぜ短髪にしているかというと、Sさんのお父様がお亡くなりになり、インドの風習として子息は頭を丸める。風習に従って頭を丸めそのまま放置、白髪染めもしていなかったため、真っ白な髪が生えてきている状態。わざわざまはを呼びつけて、これ写真にとれば、以前のと比較できるからと、、、そういうことで、写真撮影後、Sさんはヘナ白髪染め→インディゴ後染めを再開した。

ヘナ・インディゴ白髪染めで白髪が真っ黒やダークブラウンに染まる原理を知っておこう

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

実験・絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証

理屈を知っておこう!ヘナとインディゴで白髪が染まる原理…絵の具の実験でも、赤にインディゴブルーが混ざると、なんとなく黒っぽい

ヘナ白髪染め前(写真左)ヘナ白髪染め後インディゴの後染め(写真右)

写真の順は、最初から、 ヘナ白髪染め前→ヘナ白髪染め後→インディゴの後染め。

上の三枚の写真の一番左は、Sさんがヘナする前。ヘナする前とはいっても、いつも定期的にヘナをしているので、髪はオレンジ系の色に染まっているが、白いものが襟の上に見えている。で、ヘナ直後(写真上の真ん中と写真下左)のSさんを見ると、ああ、見事見事、真赤オレンジ・・・ようすうにニンジン頭なのです。

ヘナ白髪染めのやり方の解説:よく染まるマハラニインディゴが必須!

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

染毛力抜群のマハラニ・インディゴ

ヘナの赤味を暗めに抑える100%植物性染毛料。重金属検査済。繊維質と砂分を徹底除去で純度が高く、染毛力が強い。化学薬品ゼロ宣言工場にて生産で、一切の薬品を使用せず、混入の心配もありません、100%無添加天然の高品質インディゴ。

マハラニインディゴではしっかり暗めに仕上がりますが、他のインディゴではこのように仕上がるかどうかは保証できません。インディゴはとても難しく、しっかり染まるインディゴを製造するのは、とても苦労するのです。

マハラニインディゴ染め1時間で、総白髪ヘナ白髪染めニンジン頭もダークな男前!

ヘナ白髪染めでニンジン頭にインディゴ(木藍)の後染めでこれこのとおりダークな男前!

Sさん曰く「マハラニ・インディゴはね、ほらね、この通り、染まりが素晴らしいんだ。僕の頭、白髪がほとんどだから、ヘナだけだと、ニンジン頭になっちゃうんだけどね、マハラニ・インディゴだと、すばらしくダークに、自然に仕上がるようになって、感動してしまった。友だちもびっくりしてね」

ヘナ白髪染めインディゴの後染め
ヘナ白髪染めインディゴの後染め
黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

ヘナ白髪染めが上手く染まらない!染め方のコツ教えてほしい

質問:白髪が目立ち、ヘナで白髪染めを自宅でやってみましたが……白髪がオレンジ色に染まり、見るからにいやらしい感じで困っています。

インディゴ(木藍)使用上での注意点1・・ インディゴの色褪せについて

インディゴは、インディゴという自然素材の性質上、日々、少しづつ退色します。ヘナの後、インディゴで後染め、重ね染めした後は、すばらしくダークに仕上がっても、日がたつにつれて、少しづつ少しづつ、ダークさが減ってくる。人によりますが、2週間~程度で、オレンジ赤ッぽく、ヘナ白髪染め直後のような状態に戻ってくる。インディゴは少しづつ色褪せます。色あせてきたなと思ったら、再度、インディゴで重ねて染めるといいでしょう。たとえば、ヘナ白髪染め(頭全体)→インディゴの後染め(頭全体)→簡単にインディゴの後染め→根本の白髪が出てきている部分だけヘナ白髪染め→インディゴの後染め(頭全体か、根本のみ、色褪せの度合いによる)→簡易なインディゴの後染め→ヘナで根本白髪染め→・・・・とこうやるのです。

注意点! インディゴ(木藍)使用上での注意点2
まれに植物アレルギーで使えない人がいます

100%自然のものだから安心安全!と言い切れないところが現実。植物の中には、植物アレルギー的な症状をもたらすものがあります。特にインディゴに植物アレルギー的な反応が出て、使えないとおっしゃる人がたまにいらっしゃいます。人によっては、インディゴに強いアレルギー反応を起こす場合もありますので、インディゴを初めて使用される場合は、必ずパッチテストをしたほうが安全でしてください。また、インディゴ初めての場合、途中、ちょっとなんだか・・・と思ったときには、早めに切り上げ、様子を見ましょう・・。こうして様子を見ながら、問題なければ、再度インディゴをします。また、インディゴ使用で、ちょっと首筋とか、耳のあたりに赤味が出る、赤くかぶれたようになる方・・・残念ですが、インディゴ植物アレルギーですので、インディゴは使えません。そんな場合は、ヘナだけで、暗めに染める工夫しましょう。

注意点!マハラニ・インディゴだけでは白髪は上の写真のようにダークには染まりません!

上の写真の例は、ヘナ染めの後に、マハラニ・インディゴで後染め重ね染めした場合です。また、ヘナとインディゴを混ぜたものの場合は、回数を重ねると、暗めの染まってきます。ヘナ+インディゴについてはサルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウンの記事を参考にしてください。

関連ページ

ヘナ+インディゴ7

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ7白髪染め!はおしゃれなダークブラウン






ヘナ100%のマハラニ・ヘナ

ヘナ・インディゴ白髪隠しお試しセット(使い方説明同梱)

最初にヘアケアオイルで頭皮マッサージ後、ヘナをすることで、ヘナの仕上がりが向上します。白髪が多く、できるだけ暗めに、ほとんど黒に染めたい方は、マハラニインディゴを重さの3.5~4倍のお湯で溶かして1時間程度染めるか、30分を二回染めることで、かなり暗めに仕上げます。

ヘナ白髪染め→インディゴ後染め

白髪が多く、がっちり暗め(ほぼ黒髪)に染めたい人向け

ドイツ人もびっくり!?…ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めでここまでおしゃれになった!


実例・ヘナ白髪染め→インディゴ(木藍)後染め

溶かして塗って1時間の白髪染め

黒髪復活!総白髪がヘナとインディゴここまでダークな仕上がり

総白髪はヘナ染めで人参色の髪になり、インディゴの後染めでほぼ黒に染まる。天然成分でここまでできる!その変わりように唖然。

溶かして塗って1時間の白髪染め

ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めで8割白髪が100%黒髪の衝撃

ヘナしてインディゴする二度染の方法は確実に黒に染める。ヘナとインディゴを合わせて一度で染める方法は染まりがやや弱い。

ヘナとインディゴで黒髪再生!

初めてでも失敗しない白髪染め!ヘナとインディゴで黒髪再生!

長年のヘアダイ毛染めで白髪の塊と抜け毛が進行してしまったらヘナとインディゴで白髪染め

長年のヘアダイ毛染めで白髪の塊と抜け毛が進行してしまったらヘナとインディゴで白髪染め

ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めでここまでおしゃれになった!

ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めでここまでおしゃれになった!

ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染め

おじさんもびっくり!?ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めで白髪がここまでおしゃれになった

おでこの上に白髪の塊・ヘナで白髪がオレンジ色にしか染まらない!

おでこの上に白髪の塊・ヘナで白髪がオレンジ色にしか染まらない!

リーナさんもおでこの上の白髪の塊・ヘナとインディゴ(木藍)で白髪染め

オイルヘッドマッサージ+ヘナとインディゴの白髪染め

動画・オイルヘッドマッサージ+ヘナとインディゴの白髪染め

 ヘナ白髪染めの仕方モデル

↑ PAGE TOP