ヘナ白髪染め 溶かして塗って1時間の白髪染めめ

溶かして塗って1時間の白髪染め ヘナ+インディゴ=ハーバルヘアカラー 13579

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ7(製品名:ハーバルヘアカラー7)白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

▼ヘナ+インディゴ7(製品名:ハーバルヘアカラー7)で1時間染めを3回行った結果


ヘナ+インディゴ7(製品名:ハーバルヘアカラー7)の場合、しっかりダークに黒っぽく染まるまでに3回染める必要があるが、ほぼ、ヘナ白髪染めしインディゴで後染めする方法(写真下)と遜色ない仕上がり。ただし、ヘナ+インディゴ7のほうが、若干、明るい。真っ黒をとご希望の場合は、ヘナして、インディゴで後染めする方法がもっとも暗めに染まる。  一旦、ここまで染まれば、後は部分染め、つまり根元から新たに出てきた白髪をヘナ+インディゴ7で染めていくだけで、この染まりを維持していく。

▼ヘナ白髪染めの後、インディゴで後染めした(2回染)結果

インド人Sさんは、まはのヘナ愛用者。先日、8割白髪もこれこの通り!マハラニ・ヘナとマハラニ・インディゴ(木藍)白髪染めでここまでダークな仕上がりに登場してくれた。マハラニ・ヘナでまず白髪染めし、その後に、インディゴで後染めするという方法で、8割もある白髪を、綺麗にダークに仕上げた。 それが、右の写真の下のもの。彼は、まずヘナで染め、続いて、インディゴで後染めする方法を、ずっと続けて、とてもよい結果を維持しているが、これ、結構大変。最初、ヘナで2時間ほど白髪染めする。それを洗い流して、乾かして、その日のうちに、インディゴで後染め、これが1時間・・・・これ体力いるのよねーーーーってことで、今回、ハーバルヘアカラー7の粉末を彼に渡し、実験をしてもらった。ヘナで染め、インディゴで後染めする二回染めの時間がかかるやり方を一騎に短縮。ヘナ+インディゴ7を、溶かしてすぐに髪に塗り、1時間で洗い流す、といった方法でしばらくやってみてもらうことにした。2週間後、彼にあって撮影したのが一番上の写真。彼は1週間に一度づつ2回、ヘナ+インディゴ7を行った結果が一番上の写真ということになる。

ハーバルヘアカラー7は、ヘナとインディゴの二回染と比較した場合、少しだけ明るい感じがするが十分に暗めに染まっている

Sさんが、最初にのヘナ+インディゴ7(製品名ハーバルヘアカラー7)を行ったとき、すでに白髪が大分と地肌から出てきていたが、現状、写真を見ると、それがほとんどわからない。つまり、2回のヘナ+インディゴ7で十分に暗めに染まっている。このやり方の特徴は、2週間(もちろん1週間でもよい)に一度の1時間の白髪染めを小まめに行う方法で、根元の白髪は、一回では薄くにしか染まらないが、重ねて染まっている外側の白髪は、綺麗に暗めに、ほとんど自然の髪の色に近く染まっているために、白髪が綺麗にカバーできるわけ。染まったばかりの白髪も、2週間ほどすると、また、根元から白髪が出てくるために、再度、ヘナ+インディゴ7をする・・・すると、2週間前に染まった部分は、このときには、二度染めることになり、暗めになってくる。こうして、白髪が外側になればなるほど、ヘナ+インディゴ7が重なって、より暗めになるわけなんです。

ヘナ白髪染め後インディゴ後染め後

上の最初の写真は、ヘナだけで白髪染めの状態。ほとんど白髪のため赤オレンジ色に見える。ヘナで白髪は赤オレンジに染まるのです。次の写真はヘナ白髪染めで赤オレンジ色に発色した白髪をインディゴで後染めした状態で、ほぼ黒髪

ヘナ+インディゴ7(製品名:ハーバルヘアカラー7)を溶かしてすぐに髪に塗り1時間で洗い流しの、リタッチ部分染めを続けることで、実に楽チン……だけでなく、おしゃれに染まる。

ヘナ+インディゴ7(製品名:ハーバルヘアカラー7)で白髪染めを続けた状態・ヘナ白髪染めし、インディゴで後染めする方法より、若干、明るいが、逆に、おしゃれともいえるかもしれない。十分に暗めに染まっている。

ヘナとインディゴをあらかじめ配合した製品ハーバルヘアカラー7は、実に快適。時間がものすごく短縮される。たったの1時間、髪に乗せておくだけ。最初だけ、白髪が綺麗に染まり始めるまで、2~3回、短い間隔でハーバルヘアカラー7をする。3回ほどすれば、色がかなり暗めに仕上がってくる。最初の三回だけ、ちょっとだけ辛抱して、3回目以降は、1~2週間の間隔で1時間のハーバルヘアカラー7染めの部分染め、リタッチを繰り返していけば、綺麗な髪を持続できる。細く長く気楽に続けられる白髪染めとしては、この方法がおすすめです。

ヘナ+インディゴ7か、ヘナ+インディゴ5

今回、Sさんにテストしてもらったのは、ヘナ+インディゴ7。人によっては、この染まりが暗すぎるのは好みでない場合があるので、ダークブラウン系を試す場合はヘナ+インディゴ5(製品名ハーバルヘアカラー5)をお試しください。




溶かして塗って1時間の白髪染め ハーバルヘアカラー13579

旧製品名ヘナ+インディゴ、色味は、ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン、ブラック、ブルーブラック


溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ5(目安色:ダークブラウン・製品名:ハーバルカラー5ダークブラウン)実例

溶かして塗って1時間の白髪染め
ヘナ石臼挽き

ヘナ+インディゴ5の白髪染めは重ねていくとブラウン/ダークブラウン系へ

ヘナ石臼挽き

ヘナ+インディゴ5白髪染めの2回目でダークブラウン!

ハーバルカラー7ソフトブラック

溶かして塗って1時間の白髪染め ハーバルカラー5ダークブラウン

目安:ダークブラウン 髪質、髪の状態、染め回数、染め方などにより発色が異なります。旧製品名ヘナ+インディゴ。


ヘナ+インディゴ7(目安色:ブラック・製品名:ハーバルカラー7ソフトブラック)実例

ハーバルヘアカラー7ぶらっく
ヘナ+インディゴ7

ヘナ+インディゴ7で白髪染め、5割白髪も黒髪に変身。

ヘナ+インディゴ7

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ7白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

ヘナ+インディゴ7

額上の白髪の塊も自然な色合いに染まる…ヘナ+インディゴ7

ヘナ石臼挽き

もみあげの白髪も綺麗に染まる…ヘナ+インディゴ7

ヘナ+インディゴ7

ヘナ+インディゴ7で白髪染め、ほぼ10割白髪も黒髪に変身<1>

ヘナ+インディゴ7

ヘナ+インディゴ7でほぼ10割白髪を染めたら、1回目は金髪に染まった!<2>

ヘナ+インディゴ7

ヘナ+インディゴ7で白髪染め2回目はダークブラウンに染まった!<3>

ヘナ+インディゴ7

ヘナ+インディゴ7で白髪染め3回目はほとんど黒髪(ダークダークブラウン)の仕上がり<4>

ハーバルカラー7ソフトブラック

溶かして塗って1時間の白髪染め ハーバルカラー7ソフトブラック

目安:ソフトブラック(ほぼブラック) 髪質、髪の状態、染め回数、染め方などにより発色が異なります。旧製品名ヘナ+インディゴ。

↑ PAGE TOP