ヘナの染まりと色味、目の色錯覚の関係

染まり方

色は本当に難しいと思う。染まり方の比較をするときに、決まって白い髪の上に置いて色の確認する。ところが、人間の髪の場合は、通常、白髪はまだらに生えるわけで、そのマダラの白髪を染める背景は黒髪、黒い髪の背景に白い髪が染まっている……つまり、黒紙の上での発色比較が実際に近い状態と考えられる。

目の錯覚の通りカメラにも収まってしまう!

この背景の白紙を黒いものに置き換えて、同じように撮影したものが以下。

白い紙の上で黒に見えても、実際の人の黒髪の間では、上のような色に見える。目の錯覚というか、目の色認識の錯覚によって、髪の色はいかようにも見えてしまうのではないかと思われる。実に髪、頭で色を出すというのは難しい話なのだ。

コメントを残す