ヘナの後にシャンプーはしないほうがいいのでしょうか?

ヘナを塗る

Notice: Undefined variable: post_date in /home/hena/public_html/weblog/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 1335

WordPress データベースエラー: [Column 'post_date' cannot be null]

WordPress データベースエラー: [Column 'post_date' cannot be null]

WordPress データベースエラー: [Column 'post_date' cannot be null]

WordPress データベースエラー: [Column 'post_date' cannot be null]

質問:N社のヘナ+木藍という製品を使っています。説明書には染めた後に石鹸シャンプーで洗うとありますが、マハラニの製品ではシャンプーは勧められていません。ヘナの後にシャンプーはしないほうがいいのでしょうか?

シャンプーはいつもすすめません

ヘナ遊では、シャンプーそのものをおすすめしていませんので、ヘナを洗い流す際には当然、お湯洗いがおすすめです。シャンプーそのものをおすすめしてはいない理由を説明すると、かなり時間がかかりますので、以下のリンクを参照していただくとして、それでは、例えば、ヘナ使用後になぜお湯洗いがよいのか?なぜシャンプー、石鹸シャンプーをおすすめしないのかに限って、今日は説明しますね。

ヘナ遊ブログ
ヘナ遊ブログ
https://hena.ohah.net/weblog/archives/category/%E8%84%B1%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC
インド伝統のヘナ石臼挽きはローソニア色素量が2%以上。よりきめ細かい粉末で溶かして滑らかに塗りやすく仕上がりました。

ヘナには脱脂作用がある。ヘナして髪から油が落ち、さらに石鹸シャンプーなどで油を落とすのは理にかなっていない。

ヘナは髪や頭皮から油分を落としますが、髪や頭皮には適度な油分は欠かすことができません。特に冬場の乾燥時期などは、ヘナをしただけでも静電気がバチバチと発生します。髪から油分が落ちて摩擦が発生し、静電気が発生したのです。脱脂作用があるヘナですから、それを洗い流す際にシャンプー類を使いますと髪は油分がひどく不足し、せっかくヘナで髪をトリートメントしたにも関わらず、髪と髪がこすれて傷み始めてしまいます。

ヘナの本家インドではヘナ前に油分を髪に補う

インドではヘナすると髪から油分が抜け落ちて乾燥すると言われ、ヘナする前に良質なオイルを髪に塗布します。実際は頭皮ケアもかねてオイルを塗布しながら頭皮マッサージをします。これが伝統のやり方で、理由があってそうしている、つまり、理にかなっています。

インディゴが配合されている製品はオイルに注意

今回、ヘナ+木藍という製品をお使いで、石鹸シャンプーが勧められているとのことですが、この木藍というのはインディゴのことです。ヘナは赤オレンジ色、インディゴが藍色で、赤オレンジと藍色を巧に配合することでブラウン、ダークブラウン、ブラックといった色合いを出すのですが、この木藍=インディゴは石鹸シャンプーやシャンプーに弱いです。木藍、つまりインディゴが配合されている製品で染めた後シャンプーするのは、上記とは別の理由になりますが、全く理にかなっていません。使用直後にシャンプーすることで色が落ちやすくなってしまうのです。そのことについては以下のページを参照してください。