インディゴは洗い流した後に染まる

インディゴの発色

ヘナで赤オレンジに染まった白髪を自然な茶髪やダークブラウンに発色させるには、藍色、青色を投じてやることで可能になる。インディゴ染めで綺麗に青色を入れる、青色に染めるために、以下の点を理解しておくといいでしょう。

ヘナの後染めとしてのインディゴ染めの発色の仕方

まずは動画を見てください。いかにインディゴが青色に発色するかがわかります。インディゴ染めの後、湿った状態で時間が経過する=空気に触れる=酸化することで藍色、青色が出てきている様子を動画で確認してください。

インディゴ染めのコツは、インディゴを洗い流した後、1時間程度、タオルドライで、湿った状態で空気に触れさせること。

ヘナは塗布している間に染まるが、インディゴは塗布している間は染まらないため、インディゴを藍色に綺麗に発色させるには洗い流した後、湿った状態で髪を1時間ほど放置させることが必須。