ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)が体に及ぼす影響について

Kさんの質問:ひとつ質問があるのですが、インディゴが体に及ぼす影響を簡単に教えていただけませんか。ヘナだけのほうが、体に優しいのでしょうか。

Kさんからのお便りの前編
ハーブ洗髪「香る髪」数回使用でアトピーとも言われた頭皮のトラブルが改善

ヘナは女性的、やさしい、まどろむ、髪をいたわる、非刺激的

まは: ヘナ+インディゴを使っているとのことですが、何か、そのときに、思うことありました?これは、あくまで使用感、としてですけども、使用感としては、ヘナのほうがいいでしょうね。それは間違いありません。もっと例えて言うと……

  • ヘナは女性的、やさしい、まどろむ、髪をいたわる、非刺激的
  • インディゴは男性的、強い、髪を生やす(ハゲにも髪を生やすとも言われる)刺激的

まは:といった感じになると思います。 使い込んでいくと、つまり、頭にのせながら、その感じを感じていると、なるほどねーーと、こういった質があるなーーと、感じる、わかってくるんです。そうそう、わかりやすいところでいうと、色も、対象的ですね。

  • ヘナ=赤オレンジ=女性的
  • インディゴ=インディゴブルー(藍、紺)=男性的

まは:それは、頭にのせているときにも違いがあります。ヘナだけを頭に乗せているとき、と、ヘナ+インディゴを頭に乗せているときに、体が受ける印象、体の受け止め方が違います。

まは:ヘナだけのときには、柔らかく、やさしく、のんびりと、くつろぎです。ヘナ+インディゴのときは、55の場合、つまりヘナとインディゴが半々の場合は、まだ、どちらかというと、ヘナの柔らかさ、やさしさ、のんびりさが多少なりとも感じられます。これが、ヘナ+インディゴ37になってくると、やっぱり、なんというか、インディゴだなーーーと、ヘナとは違うナーーーと感じます。

インディゴは旺盛で、力強く、刺激的で、アクが強い

まは: インディゴは、アーユルヴェーダの経典では、ハゲにも髪の毛を生やす薬草とさえ記されています。それほどに力強い、、、インディゴそのものの性質も、まさに雑草。切っても切っても、ふさふさと茂ってくる。その旺盛な力強さがインディゴにはあり、それが頭を通じて感じ取れる。たぶん、その力強さが頭にも乗り移るんですね。それは、ある意味では刺激でもあり、時として、アクの強さでもあり、ある種の人たちには、絶えられず、植物アレルギーのような反応を出してしまうほど、強い薬草だと、そういう感じになる場合もあるじゃないかなと、まはは考えています。そういう意味では、ヘナだけのほうが確かにやさしいなと思います。ヘナ+インディゴして、インディゴの量を少しづつ増やしていくと、ヘナとインディゴの割合によって、微妙な感じが頭から伝わってきます。

  • ヘナは柔らかく、優しく、のんびりとくつろぎ
  • インディゴは旺盛で、力強く、刺激的で、アクが強い

まは: こうして考えてみると、たかが植物ですけども、使い込んでみると、ほんと面白いです。

Kさんからのお便りの前編
ハーブ洗髪「香る髪」数回使用でアトピーとも言われた頭皮のトラブルが改善
切っても切ってもすぐに生えてくる雑草の力強さを備え持つインディゴはアーユルヴェーダ経典にハゲに毛を生やす薬草として記されている…そうだ



インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ関連

2009年7月インディゴ農園訪問記

香りがよいカチュールスガンディをインディゴに混ぜて白髪束の染まりを実験

香りがよいカチュールスガンディをインディゴに混ぜて白髪束の染まりを実験

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)が体に及ぼす影響

「Kさんの質問:インディゴ(木藍・ナンバンアイ)が体に及ぼす影響について」

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)の実験栽培

インディゴ(木藍)の実験栽培

インディゴ(木藍)の実験栽培

インディゴ(木藍)のテスト収穫

インディゴ(木藍)のテスト収穫

世界初!?自家栽培・特選インディゴ(木藍/ナンバンアイ)

世界初!?自家栽培・特選インディゴ(木藍/ナンバンアイ)

今年2008年は天候不順のためインディゴ(木藍/ナンバンアイ)が難しい年です

天候不順のためインディゴ(木藍/ナンバンアイ)が難しい年

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)関連記事

とても鮮やかで、綺麗な緑・・・それがインディゴだ

とても鮮やかで、綺麗な緑・・・それがインディゴだ

インディゴ(木藍)農園訪問の記録<動画>

インディゴ(木藍)農園訪問の記録<動画>

インディゴ(木藍)を収穫する地元の女性たち

インディゴ(木藍)を収穫する地元の女性たち

↑ PAGE TOP