ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

検証インディゴの発色過程…染後二日目から発色が違う!

この記事は以下の記事の続き編です
2012年産インディゴは発色の伸びがよい…日にちが経過するとさらに濃く発色

洗い流した直後に酸化開始で発色プロセスが始まり、途中、緑に発色し、丸1日で一段落し、三日かけてさらに酸化し色が深まっていく。

インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程  インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程  インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程  インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程  インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程 

最近、入荷したばかりの A=2012年3月産(産地:タミルナドゥ)と、とっておきの2010年8月産(産地:タミルナドゥ)の染毛比較実験を行っているが、染めた直後から1日後までは五分五分、どちらも何の違いもない。 で、良質なインディゴの違いは、二日め以降の発色の違いにある。上の写真の二日後の発色でも、Bのほうが濃く発色して来ています。

上の写真の3日後の発色は、この写真では少しわかりにくいかもしれませんが、断然、Bのほうが濃く発色しています。インディゴの発色は、だいたいこれくらいで完了。あとは、じょじょに薄れて落ちていきます(色が剥げ落ちてくる)。

インディゴを洗い流した直後から三日目まで、発色の進み方……、発色の状態とその後の発色の様子を、以下のように、わかりやすくチャートにしてみた。

インディゴの発色は酸化プロセスで三日間続く。よいインディゴほど、三日後に暗めに発色する。酸素をたっぷり吸い込んで暗く発色するというわけなのだ。

インディゴの発色は酸化プロセスで三日間続く
インディゴの発色は酸化プロセスで三日間続く

まはは、もう数限りなくインディゴ染めの観察をしている。その様子を毎回観察してきたが、それが上の図のような感じ。上の図の下のチャートは、先にヘナで白髪をオレンジ色に染め、その上にインディゴ染めをした場合の発色の感じ。。。直後は十分に発色しないが、三日間で、相当暗めに発色してくる。インディゴは酸化プロセスであり、空気に触れることで発色が進むからだ。だから、発色が十分に進むまでは、インディゴ染めの後、三日間くらいは髪を洗い過ぎないほうがよいと思う。  もちろん、お湯洗い程度はまったく問題がないが、インディゴ染めの後、間違っても、石鹸やシャンプーなどでゴシゴシと髪を洗わないほうがいい。




インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの品質/製造方法と染毛力

自分の頭でチェックで最終確認!2016年マハラニインディゴの最終仕上がりは2014年産並

自分の頭でチェックで最終確認中!2016年マハラニインディゴの染毛力は良好!

2016年マハラニインディゴの染毛試験は良好

2016年マハラニインディゴの染毛試験は良好

2016年マハラニインディゴの作柄と買い付け状況

2016年マハラニインディゴの作柄と買い付け状況

2012マハラニインディゴ Lot:02 vs Lot:04X

インディゴの真実…マハラニインディゴの染毛力はなぜ高いのか?

マハラニインディゴ

黒に染めるためのマハラニインディゴ

インディゴ葉

やっと手にすることができた最高のインディゴ葉(2012)

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

インディゴがぼそぼそせず滑らかにペーストにしあがった!

2012年産インディゴは発色の伸びがよい…日にちが経過するとさらに濃く発色

インディゴの発色の伸び…日にちが経過するとさらに濃く発色

インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程

検証インディゴの発色過程…染後二日目から発色が違う!

2012年は最強の染毛力~年度別マハラニ・インディゴの白髪束染毛の比較実験

インディゴの染毛力は経年劣化するのか?年度別マハラニ・インディゴの白髪束染毛の比較実験

潅水によるインディゴの品質の低下

インディゴ産地における、潅水によるインディゴの染毛力の低下

↑ PAGE TOP