ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

黒に染めるためのマハラニインディゴ

マハラニインディゴ は、マハラニハーバルヘアカラー7(ブラック)のために、特別に選定されたインディゴ葉

待ちに待った2012年産インディゴの入荷!

倉庫に眠るインディゴ葉20トン、およそ1000袋。この中から、まはが目利きによって、マハラニハーバルヘアカラー7(ブラック)を作るために特別によいインディゴ葉25袋を選定した。

まはは、昨日、インディゴの葉を目利きして、A、B、C、Dを選定、 これの染毛力をチェックしたら、な、なんと、すべて2012年クラスか、それ以上、、、 インディゴ葉の目利きに自信をつけたまはは、 E以降、XYZ、とおまけにもう一個、全部で25個のサンプルを収集した。 25個、つまり一袋に20キロ入っているので、500キロのサンプルを収集したわけだ。 さすがに大変な作業。。。 20トンから、500キロだけを選定。 これを一つ一つテストするのは、至難のわざ。 まはは、全部、2グラムづつ、25のインディゴ葉を一つのポットにいれ、 粉末にした。 25袋から、2グラムづつ、 綺麗に攪拌して粉末し、 2012年マハラニ・インディゴ ロット02と比較してみたところ

このインディゴは特上!でるでる!藍色の出が超早い!!!

水に溶かして10分で、藍色が上に浮いてくる!超早いぜ!こいつはいける。インディゴの品質というのは、藍色が早く浮いてくる、色の出が早いことが高品質であるとされる。いくら出てきても、藍色の出が鈍いものはヘアケアの用途としては品質がよいとはいえない。インディゴの検査をするときには、この藍色の出が早いものをチェックするのがポイントだろう。

インディゴの発色比較 

上は45分染めを洗い流して5分~程度経過。下はその翌日、発色が90%以上完了した様子。1時間半染めはかなり濃い藍色。

インディゴの発色比較 

上の写真、45分は、ロット4Xのほうが少し薄く見えるのかもしれないが、実際はほぼ同等か、逆にロット4Xが濃いかもしれない程度。ところが、1時間半染めは、確実に5%~程度、ロット4Xが濃く発色している。

マハラニインディゴ・ロット4Xと、極上のヘナで、マハラニハーバルヘアカラー7(ブラック)をお届けします

マハラニハーバルヘアカラー7(ブラック)ほど、難しい製品はない。マハラニハーバルヘアカラー7(ブラック)は、最高のヘナと最高のインディゴが要求される。ヘナは最高間違いなし、で、このロット4Xのインディゴで、最高のマハラニハーバルヘアカラー7をお届けしますので、ちょっとお待ちください。




インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの品質/製造方法と染毛力

自分の頭でチェックで最終確認!2016年マハラニインディゴの最終仕上がりは2014年産並

自分の頭でチェックで最終確認中!2016年マハラニインディゴの染毛力は良好!

2016年マハラニインディゴの染毛試験は良好

2016年マハラニインディゴの染毛試験は良好

2016年マハラニインディゴの作柄と買い付け状況

2016年マハラニインディゴの作柄と買い付け状況

2012マハラニインディゴ Lot:02 vs Lot:04X

インディゴの真実…マハラニインディゴの染毛力はなぜ高いのか?

マハラニインディゴ

黒に染めるためのマハラニインディゴ

インディゴ葉

やっと手にすることができた最高のインディゴ葉(2012)

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

インディゴがぼそぼそせず滑らかにペーストにしあがった!

2012年産インディゴは発色の伸びがよい…日にちが経過するとさらに濃く発色

インディゴの発色の伸び…日にちが経過するとさらに濃く発色

インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程

検証インディゴの発色過程…染後二日目から発色が違う!

2012年は最強の染毛力~年度別マハラニ・インディゴの白髪束染毛の比較実験

インディゴの染毛力は経年劣化するのか?年度別マハラニ・インディゴの白髪束染毛の比較実験

潅水によるインディゴの品質の低下

インディゴ産地における、潅水によるインディゴの染毛力の低下

↑ PAGE TOP