ヘナの染め方使い方

ヘナ白髪染め

ダークブラウンも真っ黒も自在!ヘナ白髪染めの染め方徹底解説

ヘナ白髪染めには3つの染め方がある!

上の写真は、ヘナとインディゴの白髪染め例・写真左が使用前、写真右が使用 ドイツ人もびっくり!?…ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めでここまでおしゃれになった!

No 1 : 白髪が少ない方向け!・ヘナだけで白髪染め

白髪が出始めやマダラ白髪か、白髪の量が1~2割の方向け

白髪の量が少ない~1~2割以下の場合は、特に真っ黒に仕上げたい場合を除いて、一般的に白髪染めにはヘナだけでも十分。

まだら白髪がヘナ染め2回で驚きの仕上がり!

ヘナだけで白髪染めを行う場合、白髪の部分が最初はオレンジ赤系に染まります。特の初回は赤オレンジに染まった白髪が飛び出すように見えて目立ちます。

まだら白髪がヘナ染め2回で驚きの仕上がり!

ところが1週間もしますと、ぐっと色味が落ち着き、最終的に赤茶系の色、あるいはさらに落ち着いた感じに染まってきます

まだら白髪がヘナ染め2回で驚きの仕上がり!

下の写真は、上の状態からもう一度ヘナ染めした直後です。初回のような赤オレンジが目立つ感じではありません。

まだら白髪がヘナ染め2回で驚きの仕上がり!

ヘナでは、黒髪はほとんど染まらず、1~2割の白髪がヘナすることでオレンジ系、最終的に赤茶系に染まってくると、髪全体として眺めたときに白髪が目立たなくなってくるため、ぱっと見、普通の黒髪にも見えます。また、ヘナを続けることで髪全体に艶が増すために、健康的な感じに仕上がってきます。

▼イメージ図:まだら白髪を白髪のまま放置すると、たまらなく目立ってしまうが

白髪を白髪のまま放置すると、目立ってしまうが

▼イメージ図:上の状態にヘナをすることで、茶オレンジに染まり、やや目立ってしまうが

ヘナをすることで、茶オレンジに染まることで目立たなくな

▼イメージ図:上の状態から1週間もすると、色味がぐっと落ちついて白髪が目立たなくなる。

ヘナをすることで、茶オレンジに染まることで目立たなくな

白髪が出てきて目立ったーーと思っても、意外にヘナだけで気にならなくなるのは、この心理テストのようなイメージ図からもおわかりいただけるでしょうか?また、上の白い線と黒の背景は真っ黒の背景です。下のヘナで染めたイメージ図の背景も100%黒なのに、なんとなく茶系っぽい焦げ茶系の黒に見え、いい感じ。これが目の錯覚です。白髪が少ない方、まだらの方はヘナだけでおしゃれに染まります。モニターやスマホの画面に近づいたり、離れたりしてみると、よくわかります。人は細部は見ません。遠くから全体の印象を見ています。離れてみた感じに仕上がっています!!

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有 伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

白髪の比率3割以上、あるいは白髪の塊がある場合でも、ヘナ100%で綺麗に見える場合も

ヘナ白髪染めでのヘナカラーの染まり方(白髪の染まり方)

▼イメージ図:まだら白髪で、かつ、白髪の塊がある場合のイメージ。

白髪を白髪のまま放置すると、目立ってしまうが

▼イメージ図:上の状態をヘナ100%で染めた場合のイメージ。

ヘナをすることで、茶オレンジに染まることで目立たなくな

結局、白髪が3割以上あっても、あるいは塊があっても、問題は全体として見たときの印象。ヘナした直後はややオレンジが目立っていても、しばらくすると色味もやや赤茶系に落ち着いてくる。すると意外にヘナだけでもよいと思う方が多いため、白髪の比率でどうかなと思う方は、最初から暗めにしようと思わず、まず最初にヘナをして様子を見ることです。なぜ、ヘナをすすめるかというと……ヘナ100%のほうが断然と仕上がりがいい!手触り、髪の質感が全く違う。使用感がいいよい!から。

ヘナ白髪染めでのヘナカラーの染まり方(白髪の染まり方)

ヘナ白髪染めヘナカラーの染まり方と染め方おすすめの100%ヘナ

白髪がヘナで赤茶に染まり、メッシュが入りおしゃれに見えます。ヘナの染まり方と染め方を解説。ヘナでしっかり染めるには、断然、天然100%ヘナ石臼挽きがおすすめです。

白髪の比率が高くっても気にしない!逆に赤茶がおしゃれでいいわ!

ヘナで白髪が赤茶に染まって大満足!ヘナを始めてから髪質改善、コシがでてきた
ヘナで白髪が赤茶に染まって大満足!ヘナを始めてから髪質改善、コシがでてきた

白髪の量が4割以上の場合、ヘナだけで白髪染めすると白髪の度合いが高いほど赤茶に仕上がってくる

白髪をヘナで繰り返し染めていくと、赤茶系に染まってきます。この赤茶系の仕上がりがおしゃれで気に入られる方も少なくありません。あるいは、おしゃれな仕上がりの一つの選択肢として、白髪が4割以上でも、ヘナだけで赤茶系に染めていくものよいでしょう。

No 2: ハーバルカラーでダークブラウンに白髪染め

ヘナ+インディゴ5のお手軽白髪染めは、おしゃれなブラウン系の仕上がり

ハーバルヘアカラー5ダークブラウンを水に溶かしてすぐに塗り、髪に塗って1時間で洗い流す、これを根本に白髪が目立ってきたら繰り返し根本だけを染め続けるだけで、白髪の多い髪も、おしゃれに染まる。。お手軽に、短時間でできるので、気楽に長続きしますのでおすすめ!

マハラニ ハーバルカラー5 ダークブラウン

マハラニ ハーバルカラー5 ダークブラウン

回数、髪質、髪の状態により白髪がダークブラウン~ブラック系に染まります(黒髪は染まりません)ただし、ヘアダイで茶髪に染まっている髪にはダークブラウン系に色が入ります。

▼イメージ図:まだら白髪で、かつ、白髪の塊がある場合のイメージ。

白髪を白髪のまま放置すると、目立ってしまうが

▼イメージ図:上の状態をハーバルカラー5ダークブラウンで染めた場合のイメージ。

ハーバルカラー5ダークブラウン

ハーバルカラー5ダークブラウンを続けていくと、意外と目の錯覚の問題で黒髪のように見えてきてしまうことが多く逆につまらなくなってくる(上のイメージを参照)。これは多くの女性の経験。おすすめはヘナ100%の使用感抜群のマハラニヘナ石臼挽きとハーバルカラー5ダークブラウンなどで交互に白髪染めをする、これです。しかも、ヘナ100%のほうが手触り、仕上がりがよい、でも、ヘナばかりだと赤味が目立ってきますが、ヘナとハーバルカラーを交互にすることで、適度に暗めに、つまり黒髪っぽくなりすぎず、ヘナの仕上がりの素晴らしさも楽しめ、ちょうどよいバランスが取れ、まは(筆者)もまさにこの方法を何年も繰り返し満足しています。ただし、まはの場合は、アタルバヘッドマッサージRの頭皮マッサージ後にマハラニヘナ石臼挽きで最高のヘナタイムを楽しみ、これを2週間毎に2回した後、その2週間後に、ハーバルカラー3ブラウンか、5ダークブラウンで1回染める、、これくらいがちょうどよく、快適に過ごしています。

溶かして塗って1時間の白髪染め

溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ5=ハーバルカラーでダークブラウン!

ヘナするなら、使用感抜群のマハラニヘナ石臼挽きです

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有 伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

No 3: 真っ黒に染めたい!ヘナインディゴ白髪染め

ヘナだけで白髪染めの状態。ほとんど白髪のため赤オレンジ色に見える。ヘナで白髪は赤オレンジに染まるのですヘナ白髪染めし、インディゴで後染めした状態

写真左は、ヘナだけで白髪染めの状態。ほとんど白髪のため赤オレンジ色に見える。ヘナで白髪は赤オレンジに染まるのです。写真右は、ヘナ白髪染めし、インディゴで後染めした状態。

上の男性は8割白髪。白髪が多いため、ヘナで白髪染めをし、インディゴで後染めをすると、見事にほとんど栗色の黒髪に蘇る。この方法は、特に白髪が多く、しかも、きちんと普通の黒髪のように仕上げたい方におすすめです。

溶かして塗って1時間の白髪染め

黒髪復活!総白髪がヘナとインディゴここまでダークな仕上がり

総白髪はヘナ染めで人参色の髪になり、インディゴの後染めでほぼ黒に染まる。天然成分でここまでできる!その変わりように唖然。

溶かして塗って1時間の白髪染め

ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めで8割白髪が100%黒髪の衝撃

ヘナしてインディゴする二度染の方法は確実に黒に染める。ヘナとインディゴを合わせて一度で染める方法は染まりがやや弱い。

ただし、手間がかかるのが、難点といえば難点。何しろ、まず、ヘナで染め、洗い流して、乾かして、さらにインディゴで後染めをする二行程ですから・・。その点、次ぎのハーバルヘアカラー(ヘナ+インディゴ)は一行程ですので、とても楽ですが、ああ、真っ黒をご希望の場合は、それなりに努力が必要です。

ヘナ白髪染めのやり方の解説

ヘナ白髪染めの3つの方法

ヘナ白髪染めには3つの染め方がある!色味別おすすめヘナ解説

この基本さえ知っておけばダークブラウンも真っ黒も自在!自分のヘナのやり方がわかる! 1)ヘナ白髪染め 2)ハーバルヘアカラーで一回で白髪染めをする 3)ヘナインディゴ白髪染め 

黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

天然成分で黒髪に染めるおすすめの方法…ヘナで赤オレンジ色を白髪染め後インディゴの後染めする。インディゴ染め時間短縮でダークブラウン、こげ茶も可。

黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

ヘナ白髪染めが上手く染まらない!染め方のコツ教えてほしい

質問:白髪が目立ち、ヘナで白髪染めを自宅でやってみましたが……白髪がオレンジ色に染まり、見るからにいやらしい感じで困っています。

出始めの白髪は黒板の白いチョークのようだ

出始めの白髪は黒板の白いチョークのようだ……でも実際は大した量じゃない!ヘナで美しく染めましょう

質問:ヘナ+木藍(インディゴ)入りで、白髪がよく染まりません

質問:ヘナ+木藍(インディゴ)入りで、白髪がよく染まりません

質問

質問:ヘナとインディゴで白髪を濃い褐色(栗色/ダークブラウン)に染める方法を教えてください

↑ PAGE TOP