ヘナ染め方使い方

ヘナカラーの染まり方/染め方

ヘナ白髪染めヘナカラーの染まり方と染め方・おすすめのヘナ

↑天然色素量2%以上のマハラニヘナ100%使用後。染まりもよく色持ちもよい

↑粗悪品ヘナ使用時・色素量が少ないため、染まりも弱いだけでなく色持ちが悪い

白髪の塊編~ヘナ白髪染めで、固まってある白髪が赤茶メッシュになっておしゃれに見える

ヘナの白髪染めの場合、白髪の比率が低い場合で、しかも部分的に白髪が固まっている場合、白髪がヘナで、赤茶に染まり、メッシュが入り、おしゃれに見える場合があります(上の写真)。これはずばり好みです。赤味が強すぎて困る場合は、インディゴなどを併用しますと、ブラウン系、ダークブラウン系、さらにほぼ真っ黒へ染めることが可能です。

白髪の出始め、ヘナカラーの染まり方

白髪の出始め 白髪の出始め

まだら白髪にヘナをすると……

白髪の出始め、ヘナカラーの染まり方 白髪の出始め、ヘナカラーの染まり方

染めた直後は、まだら白髪オレンジが目立ってしまう。その後、1週間経過すると……

白髪の出始め、ヘナカラーの染まり方2 白髪の出始め、ヘナカラーの染まり方2

ヘナは酸化して色合いがぐっと落ち着き、ヘナで染めているのかもはっきりとわからなくなる。高品質のヘナの場合は、染めた後、色がぐっと落ち着いてくるため、マハラニヘナ石臼挽きをおすすめ。

白髪の出始めにおすすめのヘナ

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有 伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

白髪が少ない場合、まだらの場合は、ヘナを繰り返していくと、ほとんどわからなくなります。また、白髪の塊がある場合は、ヘナ100%のマハラニヘナ石臼挽きで綺麗にヘナカラーがメッシュではいるため、逆にヘナ100%がおすすめです。マハラニヘナ石臼挽きは染めた後、色がぐっと落ち着いていきます。

ヘナ映えする白髪の生え方がある!ヘナカラーが綺麗に入るヘナ映えする白髪の生え方!

ヘナカラー…白髪の染まり方「ヘナ映えする白髪の生え方」

写真はヘナカラー…白髪の染まり方「ヘナ映えする白髪の生え方」より。総白髪で、ヘナで頭が赤オレンジにすべて染まってしまうと、さすがにインディゴなどでダークブラウン系に後染めしたくなります。ところが、白髪の量が適度な量の場合……少なすぎず、多すぎず、、、この適量の生え方、さらに一部、部分的に白髪の塊があるような生え方の場合、ずばり、おすすめはヘナ100%です。ヘナ映えする白髪の生え方……つまりヘナで染めるとヘナカラーが綺麗に見える白髪の生え方があるのです。私は白髪が多いからダークブラウンよと最初から決めるのでなく、まずは最初はとにかくヘナ100%をしてみる。すると、ヘナカラーが綺麗にはって、まんざらでもない意外な発見があるのです。 暗めにするかどうかはその後に決めても遅くありません。ただ、最初から暗めにしてしまうと、明るく戻すことができにくいので要注意。

赤オレンジのヘナカラーメッシュにしっかり染め上げるには天然100%の石臼挽きヘナがおすすめ!

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

伝統製法100%天然マハラニ ヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有の高品質なよく染まるヘナ。石臼挽きのため抜群の鮮度とトリートメント力。薬品不使用/化学薬品ゼロ宣言の工場で生産。無農薬/重金属検査の自主基準に合格

ヘナの染毛力は、ヘナに含有される天然色素=ローソニア色素です。この色素が2%以上が良質なよく染まるヘナです。2%以上の色素があると明記されているヘナが断然おすすめです。

ヘナ白髪染めで赤オレンジでなく、ブラウン~ダークブラウン~ほぼ黒に染めたい場合

赤オレンジでなく、ブラウン~ダークブラウン~ほぼ黒に染めたい場合

ヘナとインディゴの両方を巧みに使うことで、ブラウン~ダークブラウン、ほぼ黒に綺麗に染め上げていくことができます。最初は少し手間がかかりますが、こまめに続けることで、簡単に綺麗に染めることができるようになります。

日本編:ヘナの染め方/塗り方

ヘナの染め方は難しくありません。綺麗に染めようと思うと難しく感じてしまうのですが、要するに「慣れ」です。考えすぎず慣れることですね。ヘナ塗りを体操気分でやれば一層楽しいヘナタイム。楽しいヘナの塗り方を動画でご覧ください。

インド編:ヘナの染め方/塗り方

彼女はヘナのベテラン。毎週のようにヘナをしているという彼女の髪はツヤツヤで、友人たちに「どんなシャンプーを使っているの?」と聞かれるという。「シャンプーはしていなくて、毎週ヘナだけしている」と答えると驚かれるという。インドでは昔からそもそもシャンプーという発想がなかった。インド女性は髪にオイルを塗りヘナをして、美しく髪を伸ばしてきたのです。ところが、最近のインド女性はヘナやヘアオイルを使う習慣がなく、西洋と同じく毎日のシャンプー剤とトリートメント剤を使用しヘアケアに悩んでいます。彼女の塗り方は普通とは逆。下から上へと塗っていく塗り方に注目してみてください。

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

ヘナの染め方!ヘナ体操で楽しく一人ヘナの塗り方・肩甲骨までのロング編<動画>

ヘナ塗りを体操気分でやれば一層楽しいヘナタイム。楽しいヘナの塗り方を動画でご覧ください。

溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ5で白髪染めでダークブラウン!


溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ5で白髪染めでダークブラウン!

ハーバルヘアカラー5(ヘナ+インディゴ)を数回繰り返すと、白髪も簡単に綺麗にダークブラウンに染まってくる

上の写真、左はヘナ白髪染めで白髪が赤茶系に染まっていて、根元から白髪が5センチほど伸びてきた状態。そこに、ハーバルヘアカラー5(ヘナ+インディゴ)を一回したところが、写真左。さらにハーバルヘアカラー5を繰り返すと、ブラウン系から、ダークブラウン系に染まっていくが、ハーバルヘアカラー5でも繰り返していくとじょじょに暗くなりすぎることがある。その場合は、時折、ヘナ100%でヘナするか、ハーバルヘアカラー3(ブラウン)をする。

ヘナ白髪め、ヘナでニンジン頭、赤オレンジも、インディゴで黒髪へ!

ヘナでニンジン頭、赤オレンジ!ヘナでニンジン頭、赤オレンジ!
8割白髪もこれこの通り!ヘナとインディゴ(木藍)白髪染めでここまでダークな仕上がり

白髪が多い場合、例えば、上の写真の例のようにほとんど白髪(70%以上)の場合は、ヘナで白髪が赤茶に染まっておしゃれとは、正直、言いづらいです。ニンジン頭という感じで、ショッキングです。そのため、白髪が多い場合はインディゴを必ず併用する必要があります。ただし、知り合いのイタリア人のおばさんは、総白髪をニンジン頭にして、でも、それはそれでとてもおしゃれに見えていたのです。これもすべて人によるでしょう。。。

黒髪再生!ヘナの後、インディゴ(木藍)で後染めすると、ほとんど黒髪

ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めで8割白髪が100%黒髪の衝撃ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めで8割白髪が100%黒髪の衝撃
ヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めで8割白髪が100%黒髪の衝撃

まさか、上の写真の女性の髪は、8割以上が白髪とは、誰が予想しえようか??ヘナとインディゴを上手に使うことで、ほとんど黒髪へ!左はフラッシュで撮影したときにやや栗色に写っている状態。ヘナの後、総白髪の頭がニンジン頭になってもインディゴで濃厚に後染めするとほとんど黒髪再生!となります。

総白髪を黒髪に仕上げたい場合の決め手はインディゴです

抜群の染毛力を持つマハラニ・インディゴ

伝統製法 マハラニ ヘナ石臼挽き

染毛力抜群のマハラニ・インディゴ

ヘナの赤味を暗めに抑える 100%植物性染毛料 マハラニ インディゴ

総白髪をいかに美しく黒髪に仕上げるか、の決め手はインディゴの質、これにつきます。もちろん、まず最初に、ヘナでしっかりと白髪を上の写真のようにニンジン頭に染めます。これがニンジン色に綺麗に染まっていればいるほど、インディゴの後染めで黒さが増します。ヘナの後、白髪がニンジン色に染まった後、インディゴで後染めしますが、インディゴの質が悪いと、つまり染毛力が弱いと黒髪にはなりません。黒髪にされたい方、鮮度の高いインディゴを使いたい方は、マハラニ・インディゴが一押しです。まはは、このインディゴのおかげで、多くの白髪を黒髪に、簡単に変身させています。また、白髪を黒髪にしたくない場合は、染毛力の高いマハラニ特選インディゴを少量使うだけで、ブラウン、ダークブラウンの髪に染めることができます。質の悪いインディゴはいくらたくさん使ってもブラウン系にしか染まりません。

ハーバルヘアカラー7ブラック(ヘナ+インディゴ)を数回繰り返すと、白髪がよりダークに、ほとんど黒に近く染まってくる


ハーバルヘアカラー(ヘナ+インディゴ)7で白髪染め、ほぼ10割白髪も黒髪に変身<1>

上の写真は、総白髪のVさんをハーバルヘアカラー7ブラック(ヘナ+インディゴ)で1回~3回まで白髪染めしたときの、総白髪の色目の変化の様子です。3回目でほとんど黒髪。

白髪50%~のまだら白髪の場合、ヘナで赤茶まだらに染まり人によってはおしゃれに見える

白髪50%~のまだら白髪の場合
ハーバルヘアカラー(ヘナ+インディゴ)7で白髪染め、ほぼ10割白髪も黒髪に変身<1>

もし、白髪が半分くらいの割で、まだらに出ている髪を、ヘナで染めたとすると、染まりやすい、染まりにくいなどの髪質にもよりますが、一回目のヘナ白髪染めでは、一本一本をよく調べると、黒髪はほとんど染まっていない、あるいは少しだけ、赤味が入っているように見えたりし、白髪は髪質で濃淡の差はありますが、赤オレンジ色に見える場合が多いでしょう。

ただ、全体として、ぱっと見、黒髪と赤オレンジに染まった白髪が混ざって見えると、赤茶系に染まっているような印象を与えることが多いです。つまり、白髪まじりの髪の場合は、白髪が赤オレンジに染まることで、目立ちにくくなり、全体の印象として、赤茶系のような仕上がりになり、人によってはおしゃれに見える場合もあります。ヘナで白髪が赤茶に染まって大満足!ヘナを始めてから髪質改善、コシがでてきた

黒髪や白髪、傷んだ髪への、ヘナカラーの染まり方

ヘナ白髪染めでのヘナカラーの染まり方(白髪の染まり方)

ヘナ白髪染めヘナカラーの染まり方と染め方おすすめの100%ヘナ

白髪がヘナで赤茶に染まり、メッシュが入りおしゃれに見えます。ヘナの染まり方と染め方を解説。ヘナでしっかり染めるには、断然、天然100%ヘナ石臼挽きがおすすめです。

ヘナカラーとは…黒髪のヘナカラーの染まり方解説と染め方

ヘナカラーとは…黒髪のヘナカラーの染まり方解説と染め方

ヘナカラーはヘアダイのようには染まらないし黒髪はほどんど染まらない…ただ、黒髪でもはっきりと染まったと見える場合もる。黒髪の染まり方と染め方を解説。

ややダメージありの茶髪はヘナでどう染まる?写真で検証

ややダメージありの茶髪はヘナでどう染まる?写真で検証

ヘナには赤オレンジ色の色素が含有されていますので、茶髪にヘナしたら赤っぽく発色します。茶髪の度合いによっては、かなり赤っぽく発色する場合もあれば、少し赤っぽくなる場合もあります。

ヘナで傷んだ髪やプリン状態の髪を黒髪に染める

ヘナで傷んだ髪やプリン状態の髪を黒髪に染める

ヘナ白髪染めのやり方の解説

ヘナ白髪染めの3つの方法

ヘナ白髪染めには3つの染め方がある!色味別おすすめヘナ解説

この基本さえ知っておけばダークブラウンも真っ黒も自在!自分のヘナのやり方がわかる! 1)ヘナ白髪染め 2)ハーバルヘアカラーで一回で白髪染めをする 3)ヘナインディゴ白髪染め 

黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

天然成分で黒髪に染めるおすすめの方法…ヘナで赤オレンジ色を白髪染め後インディゴの後染めする。インディゴ染め時間短縮でダークブラウン、こげ茶も可。

黒髪復活の染め方…ヘナ白髪染め後にインディゴ後染めがおすすめ

ヘナ白髪染めが上手く染まらない!染め方のコツ教えてほしい

質問:白髪が目立ち、ヘナで白髪染めを自宅でやってみましたが……白髪がオレンジ色に染まり、見るからにいやらしい感じで困っています。

出始めの白髪は黒板の白いチョークのようだ

出始めの白髪は黒板の白いチョークのようだ……でも実際は大した量じゃない!ヘナで美しく染めましょう

質問:ヘナ+木藍(インディゴ)入りで、白髪がよく染まりません

質問:ヘナ+木藍(インディゴ)入りで、白髪がよく染まりません

質問

質問:ヘナとインディゴで白髪を濃い褐色(栗色/ダークブラウン)に染める方法を教えてください

↑ PAGE TOP