ヘナ若葉初心者情報

ヘナカラーの染まり方

ヘナで傷んだ髪やプリン状態の髪を黒髪に染める

ヘナで傷んだ髪やプリン状態の髪を黒髪のように仕上げるには・

金髪にヘナを入れると、真っ赤に染まります(上写真左)。その後、インディゴで後染めして黒髪復活(写真右)

茶髪プリン状態→ヘナとインディゴで脱プリン

ヘナで脱金髪 脱金髪!!ヘナとインディゴでナチュラルカラーに変身!
↓ヘナ染め後↓
1回目のヘナの結果は!?脱金髪!!ヘナとインディゴでナチュラルカラーに変身!
↓インディゴ(木藍)染め後↓

ヘナが終わって、インディゴで後染めてみたら・・・脱金髪!!ヘナとインディゴでナチュラルカラーに変身!

傷んだ髪、金髪を暗めに仕上げる、プリン状態を解消するには、ヘナだけでは難しいです。もちろん髪の傷みがひどくない場合は、ヘナを数回重ねることで満足のいく仕上がりになることもあります。ヘナの後、万が一、仕上がりが赤すぎる場合は、あるいは、ヘアダイの箇所がヘナで真っ赤に染まり、地毛の部分が黒のままで、ヘナプリンになってしまった場合は、インディゴ(木藍)で、ヘナ染めの後に、後染め=二度染め=重ね染めします。最初からプリンを解消することを考えずに、二回、三回とヘナの回数を重ねながらプリン状態を解消していきます。まずはヘナをします。。

傷んだ髪は赤っぽく染まることが多いですが、それはそれで意外と気に入ることもあります。ヘナの仕上がりの赤っぽさが困る場合は、インディゴ(木藍)で後染め、二度染めを行います。ヘナを洗い流して、髪を軽く乾かしたら、あるいはヘナの翌日などに、インディゴの後染め(二度染め、重ね染め)で、赤味を抑えます。インディゴの重ね染めは白髪染めのやり方と同じです。ただ、インディゴは髪をきしませる、ごわつかせることがあり、仕上がりが悪いために、つなぎとして、インディゴにヘナを適量混ぜる、などしてもいいでしょう。ヘナにインディゴを混ぜる、あるいは、インディゴにヘナを混ぜるやり方を、ヘナ+インディゴといいます。

ヘナ+インディゴでは、ヘナのように長時間寝かしません。溶かしたら、すぐに、か、馴染ませるにしても30分程度で髪に塗ります。塗ってから1時間程度したら洗い流します。また、赤味を少し抑えるだけでよいという場合は、インディゴを薄めに溶かして濃度を落とし、さらに塗ってから30分程度で洗い流します。しっかり暗くしたい場合は、逆にインディゴの濃度をあげて、置き時間も1時間~にします。様子を見ながら、自分なりの遊び方のコツをつかみましょう。

ヘナリングQ&A
ヘナしてみたらブリーチ部分だけに色が入りすぎてプリン状態に
ヘナで頭がプリンちゃん状態になってしまいまいした…。
ヘナ若葉初心者情報
質問:ヘナしたら髪が真っ黒に染まってしまいました。ヘアダイ入りのヘナ?
ヘアケアとは地肌ケア・・・質問:ヘアダイと縮毛矯正を交互に繰り返していたら、髪が傷んでしまいました。ヘナでトリートメントしたいのですが、ヘナするとパーマがあたりにくくなると聞いたんですが、本当でしょうか?
プリン解消は白髪染めと同じ方法・・・ヘナ白髪染め後にインディゴで重ね染め

ヘナ若葉初心者情報

ヘナカラーの染まり方

ヘナ白髪染めでのヘナカラーの染まり方

ヘナ白髪染めでのヘナカラーの染まり方(白髪の染まり方)

ヘナカラーとは…黒髪のヘナカラーの染まり方

ヘナカラーとは…黒髪のヘナカラーの染まり方

ヘナで傷んだ髪やプリン状態の髪を黒髪に染める

ヘナで傷んだ髪やプリン状態の髪を黒髪に染める

↑ PAGE TOP