マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!


ヘナの産地ソジャット(インド)で厳選したヘナの葉を、手間暇かけて低温石臼挽き…… 現在は、ここインドでも入手することができない!こだわりぬいたヘナの逸品です。

ヘナは染めるためだけのものではありません。低温石臼挽きのためヘナが加熱されておらず、ヘナという植物をお楽しみいただくには最適です。

なぜ石臼挽きなのか?


高速粉末化装置だと粉末化の際に高温になって、どうしてもヘナが劣化してしまう。昔はヘナの葉をどうやって粉にしていたの?と聞いたら「石臼で挽いていた」という。無理を押して試しに石臼で挽いてもらったら驚きの出来!もとめていたのはこれだった!

ヘナ石臼挽きの特徴:色素が濃い/発色がよい

まはがヘナの産地にて、何度も何度もテストし、抜群の色素を有するヘナの葉だけを石臼で挽きました。ヘナ特有の赤オレンジ色に、しっかり染まります。

石臼挽きヘナの特徴 純度100%のヘナの葉だけを粉末化。 混ぜもの…薬品類、自然由来物(草木の葉、 微細な砂類)の混入は一切ありません。


インドソジャットのヘナ農園での収穫。

まは自身が監督の下、ヘナの産地にて、ヘナの葉を買付け、さらに、まはの監督の下に粉末化してるため、混ぜモノは一切ありえませんので、安心してお楽しみいただけます。

一般的に、混ぜ物とは、薬品類と自然由来物です。薬品類としては、ヘナの見た目を緑っぽく見せかける着色料と、ヘナの染毛力を補うための薬品です。混ぜ物は薬品にとどまらず、微細な鉱物の粉、ざらつきもしない微細な砂粉のようなものから、植物の葉、ケズリや雑草類を意図的に混ぜ込みます。

まはが直接監督して、すべての作業にあたっていただいていますので、こうした薬品、自然由来物などの混ぜ物は一切ありません。

ヘナへ添加される薬品、混ぜ物など
衝撃の現地レポート「お安いヘナの作り方」

石臼挽きヘナの特徴:鮮度がよい/生臭くない

ヘナは古くなると、ヘナ特有の匂いに、なんとも生臭い匂いがプラスされて、時として耐えられないほどに臭くなることがあります。その点、収穫して間がないヘナ、鮮度があるヘナには、臭みが少なめで、ヘナ特有の匂いはあるものの、問題ない香りなんです。そこで、ヘナの収穫期に、ヘナの葉を粉末し、鮮度を保つために、すぐに真空パックにしました。

気持ちよくヘナをするために鮮度がよいヘナは欠かすことができない。
なぜ新しいヘナのほうがよいのか?鮮度、染毛力、臭みの関係

溶かしてよく練ればダマになりにくくふわっとヌメリが出て粘り、髪に塗りやすくなる。

石臼挽きヘナ1に対し、重さで4のお湯(50度~60度)で溶かします。10分ほどすると、『ヌメリ』が出てきて、かなり粘ります。このヌメリが出てくると、大変に伸びがよく、塗りやすい、滑らかなペーストになります。言い換えると、10分ほど練っていると、まるで納豆のようなヌメリがでてきます。すると、とても、滑らかに塗りやすいペーストに仕上がります。溶かしてヌメったら、15分~馴染ませてから、再度、湯銭して、人肌程度に温めてから髪に塗りましょう。

動画では、1時間~3時間程度、馴染ませると言ってますが、現在は、15分~とお伝えしています。

石臼挽きの証…粒子が粗めで多少の繊維質が含まれている こと。粒子が粗めでも、白髪はとてもよく染まります。


皆さんは、ヘナは粒子が細かくて繊維質がないほうがいいと思っているのではないでしょうか?実は、粒子が細かいから染まりがよい、とか、粒子が粗いと染まりが悪い、とういうことはありません。

実際に、ヘナ石臼挽きは、毎年、すばらしい染まりあがりの結果が出ており、試験場の検査でも、ローソニア色素が高い、つまり染まりがよいという結果が出ています。また、実際に、石臼挽きを使った人からは、染まりがよいという報告をいただいています。つまり、ヘナの粉の粒子の粗い、細かいは染まりとは別の要素なのです。


特に低温石臼挽きでは、高速強力に粉末化せず、石臼をゆっくりゆっくり回して時間をかけて、低温で粉にするために、葉は粗めに仕上がり、また、葉脈などの繊維質部分は粉末になりきらず、残ります。

石臼挽きヘナ使用上の注意点

石臼挽きヘナは粒子が粗いので、使用上での決定は、髪にヘナの粗い粒子のカスがついたまま落ちにくくなることです。そのため、ヘナ石臼挽きをした後は、タライにお湯をはり、そこに髪と頭を入れるようにして洗う、これを数度やりますと、ヘナの粒子の残りが髪から綺麗に落ちます。また、万が一、残ってしまった場合は、髪を乾かした後、洗面台の前で、髪全体をはたいて落とします。こういった注意点が必要です。

マハラニヘナの製造は、ISO9001-2008取得工場で行っています。


マハラニ・ヘナの生産工場は、ヘナの産地ソジャットにある。もちろんISO9001-2008も取得済み。これが、マハラニヘナ製造スタッフ。


ヘナの産地にて、 収穫→粉末化→真空パックまでを一貫して行うことで、短期間の間に処理が完了しするため、ヘナの鮮度が大幅に向上します。

毎年、新しいヘナを届けたい!鮮度のよいヘナのよさを 体験してほしい…そのこだわりが、ラベル裏面の収穫年月 と製造年月の表示


新しいヘナの素晴らしさ、それをお伝えするために、まはは、まはのヘナに収穫された年を明記するようにしています。 アルミパッケージの裏面のシールに、「2012.10月-11月収穫」などと収穫された年が記載されています。ベストなヘナの収穫は年一回、9月~11月収穫。さらに製造が、2011.11月-2013.1月とあり、これはベストなヘナが収穫された後、間をあけずに、粉末化され、真空パックされたことを意味しています。収穫→粉末化→パッケージ化の期間が短ければ短いほど、鮮度がよい状態で品質を長期間、保持することが可能です。

ヘナをベストな状態で使用できるのは、収穫されてからおおよそ1年間。ベストな状態のヘナをベストな状態で使いたい違いがわかる皆さんにとっては、収穫年が明記されていることが重要です。






マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・完成度が高い2016年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!は、あと数ヶ月持つのか?(2013年1月12日)

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナの製造工程2~ヘナ石臼挽き始まりました

ヘナの製造工程2~ヘナ石臼挽き始まりました

ヘナ石臼が挽き終わりました!

ヘナ石臼が挽き終わりました!

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

↑ PAGE TOP