マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

マハラニヘナ石臼挽きは文字通り最高

2013年3月7日ヘナの産地にて

Sさんからのお便り: 2012年収穫・マハラニヘナ石臼挽きは「気品のあるヘナ」……春めいて暖かくなって来たので、ヘナをすることにしました。いままでお風呂場合が寒くて、つい後回し。久しぶりに新しい届けたてのヘナを開封すると、若草色というか、若葉色の新鮮なヘナでした。石臼挽きですが、練ってみると、フワッ、モチッと軽い滑らかな溶け具合。同じ分量でも、今までより軽く伸びがよい感じです。気品あるヘナ。。 頭に載せると少し緩む感じ。春だからかな。4時間置いて、仕上がりはしっかり色が入っていい感じ。 髪も思いの外しっとりです。ヘナも進化しています。今までの中で、最高のヘナと認めざるを得ません。確かに違います。

そうそう、ふわっとした感じ……それが新しいヘナのヌメリ成分。


これがヘナ石臼挽きのヌメリ!は、あと数ヶ月持つのか?

まは:Sさん、お便り、どうもありがとう!そう、その「フワッ」という形容が正しいですね。本当にふわっとしているから。「フワッ、モチッと軽い滑らかな溶け具合」という説明はあたっていますね。これが、新しいうちにはある。この新しさが、どれくらいもつのかは不明ですが、これがあるうちは、まだ新しい!新しさ、鮮度を保つために真空パックにしてもらっているんです。

まは:実は、Sさんは、たぶん20年近いヘナユーザー。ヘナに関していえば、まはよりも先輩。その彼女のコメントは重いのです。彼女が 「頭に載せると少し緩む感じ」といっていますが、これも新しいヘナのよさ。ヘナそのものの作用として、「緩める」、「リラックスさせる」という作用があるからなんです。まはは、ヘナは白髪を染めるためだけじゃありませんよと、ヘナにはプラスアルファ、おまけのようなものがあって、ヘナを続けていくと、そのおまけのほうが目的になってきますよと……そう、その一つのおまけが、リラックス作用。ヘナを頭にのっけながら、「あ~あ、、、緩むなぁ~」と、そんな一言が出たら、最高のヘナということなんです。

マハラニヘナ石臼挽きを接写……実に美しいヘナ


拡大写真のところどころに、ヘナの葉をひきちぎったような塊、さらに、棒状の繊維質(葉の内部の葉脈部分は挽ききれず繊維質として残る)が散見される。これが石臼挽きの特徴。高速粉末化装置で強い力で粉末にしていないため、粒子がやや大きめになる。石臼をゆっくりとまわして低温で挽く場合、木目細かな粉末を期待するべくもないが、利点は石臼が高温にさらされていないため、ヘナのもつ性質がそのままに残されている。アーユルヴェーダではヘナは石臼で挽くとの記載がありるとアーユルヴェーダの先生が教えてくれたが、石臼で低温で挽くことで、ヘナの薬効が破壊されることがない。

何が最高なのか?その具体的な理由

まはは、自分がかかわったヘナに「最高級」といった表現を抽象的に使いたくない。 でも、「具体的に」何が最高なのか、は、たくさん言いたい。 たとえば……

ヘナ石臼挽きは香りが最高

収穫後、粉末化して、あまり間を空けることなく真空パックしている。 だから、開封したときに、鮮度がよい香りがしてくれる。石臼挽きのヘナの香りを皆さんに楽しんでもらいたい。

ヘナ石臼挽きはヌメリが最高

鮮度がよいと、ヘナの葉液が染み出してきて、それがヌメリの感触として手や頭皮で感じることができる、このヌメリは一種独特の心地よい感覚を与えてくれる。ヘナは新しいうちはヌメリが強く、ヘナ本来が持つ粘りに鮮度がある場合は+ヌメリという感じだ。

ヘナ石臼挽きは染まりが最高!

まず、知っておくべきことは、ヘナに含有される色素、ローソニア色素は高温に弱いという事実……どの程度の高温に弱いかというと、100度近い高温ではかなり色素が破壊されてしまう。ヘナを熱湯で溶かしたら、色素がかなり減退する。ところが50度~60度では、ヘナの色素はまったく減退しないことがわかっている。そのことをまず理解しておく必要がある。


ヘナのローソニア色素は熱湯によって破壊される

さて、ヘナを、 高速機械粉末化装置で粉末にする場合、ヘナは瞬間だが200度近い高温にさらされる。石臼挽きでは、石臼がゆっくり回転するだけだから、50度~60度にしか過熱されない。だから、ヘナ石臼挽きでは、ヘナの葉が低温で石臼挽きされるために、ヘナの色素がまったく破壊されずに、ヘナの色素が保たれる。


2012年12月14日ヘナの産地からレポートマイベストヘナ物語

石臼挽きに使用するヘナの葉は、2012年産の場合は、まはがヘナの産地にて2ヶ月目利きをした結果として、選定したマイベストヘナ。染毛力が高いことを確認している。そのヘナの葉を、高温にさらさない低温石臼挽きで粉にしているから、染まりがいいのは当然といえば当然なのだ。

「あ~ぁ緩むなぁ~」と、ヘナ石臼挽きは使用感が最高!

そして、コレ……ヘナの薬効、リラックス効果。よいヘナを頭にのっけていると、「あ~ぁ、、、いいなぁ~」と、、、、この一言が出たら、最高のヘナなんです。






マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

やっと出会えた!最高の感触、感動の仕上がり!30年前までは、インドで、ヘナは石臼で挽かれていた…ヘナ石臼挽きの伝統は絶え、それとともに、本当のヘナの良さも失われてしまったのではないか?

2017年産石臼挽き用のヘナを選定中!染毛力(ローソニア色素)のチェック

2017年産石臼挽き用のヘナを選定中!染毛力(ローソニア色素)のチェック

2017年収穫ヘナ石臼挽き用のヘナの葉を選定中!

ヘナの産地にて2017年収穫ヘナ石臼挽き用のヘナの葉を選定中!

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・完成度が高い2016年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!は、あと数ヶ月持つのか?(2013年1月12日)

世界でたった一台の商用ヘナ石臼

世界でたった一台の商用ヘナ石臼

ヘナは天然の植物、ハーブのため、植物の特性があります。ヘナの成分がヘナしている間、体中に吸収されます。そのため、ヘナ使用中、体に反応があります。気怠い、眠い、頭痛は典型的な反応です。

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナの製造工程~ヘナ石臼挽き

ヘナの製造工程~ヘナ石臼挽き

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナの産地にてヘナの葉の試し買い!

ヘナの産地にてヘナの葉の試し買い!

買い付けたヘナの葉……これからこれを清掃し、砂分や小枝を取り除いて、実際に石臼で挽いて、発色を確かめる。

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

↑ PAGE TOP