マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

たかがヘナに、ここまでこだわりつくした結果、ついに「世界最高峰」と言い切れてしまうヘナ石臼挽きが挽き上がった!この一枚の写真にすべてが秘められいる


なんだ、この粘り……粘りにすべての秘密があるのです。

まず、その前に、今日に至るまでの長い道のりを、さっと説明しよう。今年は、実は、一時、ヘナ石臼挽きを諦めかかっていた。皆さん、今年はヘナ石臼挽きはやめますと宣言しようかと思っていたんですね。理由は、よいヘナがなかなか見つからなかったのです。産地で粘ること、1ヶ月、その間、調べたヘナは50トン。50トンめにして、ついに、わずかに数トン、ある産地の、ある農民の畑から、見つけました!抜群の色素を有する最高ランクのヘナの葉を!

ところが石臼挽きに失敗してしまい、1トンのヘナの葉を喪失!


いつものように、石臼をひき始めた……ところまではよかったんです。早く日本に送り届けたいという、まはも含めてハヤル気持ちがスタッフ全員にあったんだろうと思う……朝に挽きはじめ、夜通しまわし続け、翌日の昼過ぎには1トンひきあがっていた!

教訓・急がば回れ

翌日、工場にいくと、スタッフが、石臼は1トンひきあがったよと嬉しそうに言ってきた、、、「ありえない!」と、まはは、青ざめたのです。普通、石臼は、どんなにがんばっても、一時間に30キロ、一日に10時間挽いて300キロしかひけないシロモノなのに、どうしたんだ!とチェックしたところ、粗めのヘナ石臼挽きに挽き上がっていた……「これは荒すぎる!」。今回は、どんどんとヘナが挽けて、粉がでてきたというのだ。。。。昔から、言うが、急がば回れ、、、まはは茫然自失のあまり、三日ほど寝込んでしまいました。。。

石臼の目立てに問題があった!


30年前まで、実際に、石臼挽きでヘナを挽いていた石臼挽き職人にきてもらったところ、今回の失敗は、目立てを時間をかけてしっかりやらなかったことが判明。1トンの石臼をチェーンでもちあげて、丸1日かけて今までしたことのない丁寧な目立てを行ったところ、ついに、できた!いままでにない木目の細かいヘナの粉が石臼挽きから挽けるようになったのです!

文字通り、世界最高峰、ヘナ石臼挽きが完成しました!

低温で石臼でひかれたヘナ、その使用感は格別です。 商用で石臼を挽いているのは、世界でも、まはだけなんです。 さらに今回は、低温石臼で挽ける限界まで、木目を細かく挽く事に成功し、それで60メッシュにかけることができるようになり、繊維質がほとんど除去できるようになりました。この意味はとてもでかいんです。昨年までは、60メッシュのフルイに通らなかったため、40メッシュのフルイに二回かけることで繊維質を取り除いていたんです。

ヘナの葉には、葉脈部分がたくさん含まれています。この葉脈は色素を含まない硬い繊維質で、高速機械挽きでは簡単に細かな粒子に粉砕されてしまいますが、石臼挽きでは粉にならず、繊維質として粉の中に残る。今回は、これらのヘナの葉の内部の葉脈部分の繊維質をほとんど取り除くことに成功したんです。つまりヘナの葉の純度が高いヘナ粉ができたわけなんです。おそらくここまで純度の高いヘナは石臼挽きでしかできないでしょう。何しろ、ヘナの葉っぱの内部の繊維質を取り除いているわけですから。

ヘナの産地で、ヘナの葉を目利きによって選別する……どの畑、どの農民、どの村か、はっきりわかるわけで、そのヘナの葉を一点一点、チェックして目利きして、いいものを選別していく、よいものは、すべて検査に出して重金属テストを行い徹底してスクリーニングする、この作業はヘナの作柄に問題がある今年ような場合は気の遠くなるような作業、、、一時は石臼挽きヘナを諦めかかったほど……確認したヘナの葉だけでも50トン、検査に出したサンプル数40サンプル、、そうして厳選されたヘナの葉を石臼挽きする、これが最高でなくてなんと言う?、文字通り、世界最高峰のヘナ粉の誕生なのです。


ヘナの葉の純度が高いため、当然ですが、粘りが格段にいい。繊維質が多いと粘りが弱いんです。粘りこそ、よいヘナの証。早速、試用してみたところ、染まりは言うまでもなく、特に今回は、トリートメント作用が、格段にいい!あたりが軽く、ふわふわとしていて、それでいてがっしりと髪にまとわりつく……まは、満足のヘナここにあり!






マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

やっと出会えた!最高の感触、感動の仕上がり!30年前までは、インドで、ヘナは石臼で挽かれていた…ヘナ石臼挽きの伝統は絶え、それとともに、本当のヘナの良さも失われてしまったのではないか?

2017年産石臼挽き用のヘナを選定中!染毛力(ローソニア色素)のチェック

2017年産石臼挽き用のヘナを選定中!染毛力(ローソニア色素)のチェック

2017年収穫ヘナ石臼挽き用のヘナの葉を選定中!

ヘナの産地にて2017年収穫ヘナ石臼挽き用のヘナの葉を選定中!

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・完成度が高い2016年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!は、あと数ヶ月持つのか?(2013年1月12日)

世界でたった一台の商用ヘナ石臼

世界でたった一台の商用ヘナ石臼

ヘナは天然の植物、ハーブのため、植物の特性があります。ヘナの成分がヘナしている間、体中に吸収されます。そのため、ヘナ使用中、体に反応があります。気怠い、眠い、頭痛は典型的な反応です。

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナの製造工程~ヘナ石臼挽き

ヘナの製造工程~ヘナ石臼挽き

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナの産地にてヘナの葉の試し買い!

ヘナの産地にてヘナの葉の試し買い!

買い付けたヘナの葉……これからこれを清掃し、砂分や小枝を取り除いて、実際に石臼で挽いて、発色を確かめる。

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

↑ PAGE TOP