ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

2015年11月29日新ヘナ石臼挽きの使用レポート


この挽き加減にするために、2トンの石臼を調整すること1週間!

2015年産ヘナ石臼挽きの仕上がりの状態の粉を接写しました。目が大きめというか、ヘナの粉の目はっきりとわかります。中には石臼挽きならではの繊維質が見えます。これは、葉脈です。これを溶かして頭にのせると、ああ~違うなぁと、長年ヘナを使いこんできた方にはおわかりいただけるはずです。


上写真は、調整中の石臼。年に1回だけ、アートビーングが石臼挽きヘナを製造する際にだけ回るため、立ち上げ調整に1週間かかる。清掃、研磨、挽き加減の調整のため、何度も、石臼を引き上げたり下ろしたりを繰り返しながら、上の写真のようなすばらしいヘナの粉が仕上がるようになる。これを溶かすと、ほらこのとおり……

石臼挽きのヘナは何かが違う。。。


ヘナを長年使っている人であればあるほど、 ヘナといえば、やはり石臼が一番よいと感覚的に思うのは間違いないと思う。

やはり、石臼挽きのヘナは何かが違う。。。

実際に、まったく同じ2015年収穫のヘナの葉を石臼で挽いた粉、機械で高速で挽いた粉、この二つを使い比べているが、石臼挽きの使用感はすばらしい……石臼挽きを使ってしまうと、やっぱり石臼挽きだなーと思ってしまう。これは不思議、、2015年10月収穫のヘナ石臼挽きの最大の特徴は……

2015年10月収穫・石臼挽きのヘナは色素が濃い


結構な違い、、わかる人はわかるほどの違いとして、染めたときに体感できるものと予想しています。実際には、あれ?ちょっと濃いかなという、よく見れば違うかもしれないという感じです。

色素=ローソニア色素が強いためか?若干、ヘナの植物としての匂いは強めかもしれない

ヘナという植物の匂いは、強弱がある。

一般的にヘナの匂いという場合、ヘナが古くなって出てくる匂い、これは臭いですが、これは雑菌などの繁殖によるもので不快な感じのする臭いです。

ところが新しいヘナであっても、ヘナ特有の匂いがあり、このヘナ特有のローソニア色素の匂いにも強弱がある。

昨年のものは弱でしたが、今年は色素量がかなり多かったためなのかもしれませんが、ヘナの植物の匂いもやや強めかなという感じです。

ただ、古いヘナから発せられる悪い臭いではありませんので、問題は感じません。 ワインのソムリエのように、ヘナを長年使い込んでいるときに、臭いでヘナの状況がわかりますので、ヘナ・ソムリエ的な評です。

ヘナのお届けは2016年1月末の予定

現在、石臼挽きが進行中。開始より2週間程度経過していますので、そろそろ挽きあがります。せっかくのローソニア色素だから、、、色素を破壊しないように低温石臼挽きでゆっくりと挽いてお届けします。何しろ1時間に20キロしか挽けないため、挽き終わるまで2週間以上かかります。その後に真空パックなどの製造工程があり、お届けは来年の1月末の模様です。

一足早く、石臼挽きヘナを試してみたい方は、マハラジャロードに限定入荷しています。 限定入荷、2015年マハラニ・ヘナ石臼挽き






ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

2016年産ヘナの買い付け中!

2016年産ヘナの買い付け中!2015年産マハラニヘナ石臼挽きとの染毛力比較

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

スタッフ

ヘナの収穫がヘナの産地ソジャットではじまりました

スタッフ

マハラニ・ヘナはヘナの産地の人たちと一緒にヘナ生産活動をしています

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナはローソニア色素が高い

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナは全般的に価格が高いだけで質は並か、場合によっては並以下?

今年は豊作

2014.9.28 いよいよヘナの収穫が始まる!今年は豊作:雨と太陽に恵まれ品質も良好と予想される

ヘナは順調に生育中

2014年8月16日ヘナの産地からレポート「雨が降り、ヘナは順調に生育中!」

ヘナシーズンがほぼ終わり

ヘナの産地ソジャットでのヘナシーズンがほぼ終わり、製造も終わりへ……

ヘナの葉、初物!

2013年収穫ヘナの葉、初物!のチェック

サンプル検査中

ヘナの葉の新もののサンプル検査中(2013年)

ヘナは色素大

2013年収穫のヘナは色素大……雨さえなかったら素晴らしいヘナだったのに………残念

ヘナはダメかもしれません

2013年収穫のヘナはダメかもしれません、、まだまだわかりませんが、

ヘナサンプルを収拾

2012年10月産のヘナサンプルを収拾、まずは今年のヘナの発色をテスト中

↑ PAGE TOP