ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

ヘナの産地ソジャットでのヘナシーズンがほぼ終わり、製造も終わりへ…

2014年1月29日ヘナの産地からレポート


1月終わりのヘナ畑……一見、丸裸にも見えなくない

この時期、ヘナ畑にいくと、まるで緑っぽくもない。どちらかというと、ぱっと見、土色で丸裸に見えるが、接近してみると、ちゃんとヘナの葉が出始めている!

昨年の11月後半から、1月の末まで、続いていたヘナ製造プロセスがほぼ終了。ヘナ畑にいってみると、丸裸になったヘナ畑のように見えるが、実は、すでに葉が今シーズン三度めの生育期を迎えていた。。。


この時期、ヘナ畑にいくと、まるで緑っぽくもない。どちらかというと、ぱっと見、土色で丸裸に見えるが、接近してみると、ちゃんとヘナの葉が出始めている!


ここの畑は、ずっと観察してきたが、9月に一度、収穫され、これが、雨期明けの最初の収穫ということで、第一収穫、さらにその後、雨が降ったので、大きく成長し12月頃に雨季後の二回目の収穫、つまり、第二収穫がされている。その後に、再度、芽を出して、葉を伸ばしている。それが今日、2014年1月29日の状態。


このまま成長すると、3月頃には、雨季後の三度目の収穫、第三収穫があるかもしれない。ただ、第三収穫、第二収穫は品質が劣る。本来のヘナ、高品質のヘナは、雨期明けに最初に収穫されるヘナの葉、第一収穫のものだけを言う。色素量が違えば、トリートメント力も違う。

だから、第一収穫のヘナの葉を買い付けるには、雨季明け、ヘナの刈り取りシーズンが始まる10月頃に、現地ヘナの産地であるソジャットで張っていなくてはならない。まさに、ヘナ収穫のピークを迎える頃に、ヘナの葉を買い付ける。ところが刈り取りのシーズンが終わり、第二収穫のヘナの葉が出てくると、農民は第一収穫のヘナの葉に第二収穫のヘナの葉を混ぜて出してくる。ヘタをすると、そうした混ぜ物を高値でつかまされてしまう。ある意味、ヘナ農民は強欲だ。だから、まははシーズン過ぎに買い付けることは一切しない。







ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

2016年産ヘナの買い付け中!

2016年産ヘナの買い付け中!2015年産マハラニヘナ石臼挽きとの染毛力比較

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

スタッフ

ヘナの収穫がヘナの産地ソジャットではじまりました

スタッフ

マハラニ・ヘナはヘナの産地の人たちと一緒にヘナ生産活動をしています

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナはローソニア色素が高い

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナは全般的に価格が高いだけで質は並か、場合によっては並以下?

今年は豊作

2014.9.28 いよいよヘナの収穫が始まる!今年は豊作:雨と太陽に恵まれ品質も良好と予想される

ヘナは順調に生育中

2014年8月16日ヘナの産地からレポート「雨が降り、ヘナは順調に生育中!」

ヘナシーズンがほぼ終わり

ヘナの産地ソジャットでのヘナシーズンがほぼ終わり、製造も終わりへ……

ヘナの葉、初物!

2013年収穫ヘナの葉、初物!のチェック

サンプル検査中

ヘナの葉の新もののサンプル検査中(2013年)

ヘナは色素大

2013年収穫のヘナは色素大……雨さえなかったら素晴らしいヘナだったのに………残念

ヘナはダメかもしれません

2013年収穫のヘナはダメかもしれません、、まだまだわかりませんが、

ヘナサンプルを収拾

2012年10月産のヘナサンプルを収拾、まずは今年のヘナの発色をテスト中

↑ PAGE TOP