ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

ヘナの産地にて2017年産ヘナの葉の目利き中

2017年10月16日ヘナの産地からレポート

ヘナの目利き

ヘナの葉を見るに、色素は間違いなく2%以上。

まはのヘナは、ヘナの色素量は最低2%以上であることを基準としている。だから、どうしてもヘナの産地にて、選別を徹底してやって、自分自身でも染毛テストを行いながらの選別。

ヘナの染毛テスト

写真は、実際のこのヘナの染毛力をテストしているところだが、良好な結果がでたため、SGS研究所にローソニア色素量の検出検査と重金属検査に出して、化学的にも検査を実施していく。いくつかのロットを実際に買い付けて、実際に粉末化を行い、選別作業を実施していくので、そのプロセスに時間がかかる。

ムンバイ空港

ヘナの産地入りには、ムンバイ空港を経由する。ところが、ムンバイは連日の雨雨。空港も雲が覆っており、上空には厚い雲がある。

雲

離陸すると、すぐ上は一面の入道雲だ。ところが、1時間も飛び、ヘナの産地に近いジョドプール空港に近づくと、暑い太陽に照りつけられた乾いた大地がひたすら広がっている。

大地

下界は37度あるという……。毎日、晴天で雨一滴も降っていない。わずか飛行機で1時間飛ぶだけで、ここまで違うとは。。。

食事

暑さとヘナしかない土地だけども、嬉しいものがいくつかある。手作りな家庭料理……これが実にうまい。白い塊は無塩バター。自分の家の牛から絞ったミルクでバターやギーを作っている。それをたっぷりチャパティにつけて食べるのは極楽。おかずはもう何もいらないという感じ。しかも、このチャパティも自家栽培の小麦のチャパティだ。このお宅は、1ヘクタールの農地の半分をヘナ畑にし、残りで小麦、ジーラ、マスタード、各種の穀物を栽培している農家。

インディゴの粉末化を先に……

インディゴ粉末

工場に到着すると、すでに今年の8月に南インドから買い付けたインディゴの葉の清掃が終わっていた。インディゴには小枝や石ころ、砂塵がたくさん含まれているため、特殊な装置でそれらを除去している。以前は風で飛ばしていたが、最近はさらに精度のよい方法に切り替えて、不純物を取りのぞいている。

インディゴの葉

この特殊な装置については工場との取り決めで公開は差し控える。まはさんのサイトは影響力があって、工場関係者が見ているようだからと、、、実はどこかのサイトで手で選別するなどとしたサイトがあるらしいが、きちんとした装置で行えば、まったくもって手で選別するなどの工程は不要なわけでと、、、そんな話をしてくれた。まったく同感です。昨年より、ヘナの葉の清掃工程は特殊な装置を導入したため、ヘナの純度がさらに高まっている。

ただ、いくら小枝類を取り除く作業をしても、ヘナの葉自体に葉脈という繊維質がある。実は、ヘナに含まれる繊維質は、この葉脈で、これはヘナの葉と一体のため、取り除くことはできない。そのため、小枝類をいくら取り除こうが、本質的にヘナの葉自体に繊維質が含まれているというわけだ。

また、ヘナの砂塵については、集塵機を導入することでほとんどなしにすることができているので、今回から特殊装置の導入で枝類などの繊維質が低減されているという。ただし、ヘナの葉に含まれている繊維質自体はヘナ粉末後のフルイガケの工程である程度、低減させることができる。

マハラニヘナに含有される砂分の少なさの秘密は集塵機にあり、それがどういうものかは以下のページを参考に。他の工場の方のためにも、こここまでは公開しておきます。

スタッフ

マハラニ・ヘナはヘナの産地の人たちと一緒にヘナ生産活動をしています

そもそも、この集塵機は、働く人を守るという発想から設置されたものなのです。舞い上がる砂塵を吸いこんで、呼吸器系が悪くなる労働者が多いため、巨大な集塵機を設置して、労働環境を改善するために導入されたのですが、それが結果として、ヘナの最終製品における砂塵低減につながったのです。

インディゴ粉末化工程が始まり、さっそく、仕上がりのチェック。

インディゴ粉末





ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

樹齢百年のヘナの前で

樹齢百年のヘナの前で

2017年産ヘナの葉の初荷が入荷

ヘナの産地にて2017年産ヘナの葉の目利き中

2017年産ヘナの葉の初荷が入荷

2017年産ヘナの葉の初荷が入荷

2016年産ヘナの買い付け中!

2016年産ヘナの葉を買い付け中!2015年産マハラニヘナ石臼挽きとの染毛力比較

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

スタッフ

ヘナの収穫がヘナの産地ソジャットではじまりました

スタッフ

マハラニ・ヘナはヘナの産地の人たちと一緒にヘナ生産活動をしています

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナはローソニア色素が高い

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナは全般的に価格が高いだけで質は並か、場合によっては並以下?

今年は豊作

2014.9.28 いよいよヘナの収穫が始まる!今年は豊作:雨と太陽に恵まれ品質も良好と予想される

ヘナは順調に生育中

2014年8月16日ヘナの産地からレポート「雨が降り、ヘナは順調に生育中!」

ヘナシーズンがほぼ終わり

ヘナの産地ソジャットでのヘナシーズンがほぼ終わり、製造も終わりへ……

ヘナの葉、初物!

2013年収穫ヘナの葉、初物!のチェック

サンプル検査中

ヘナの葉の新もののサンプル検査中(2013年)

ヘナは色素大

2013年収穫のヘナは色素大……雨さえなかったら素晴らしいヘナだったのに………残念

ヘナはダメかもしれません

2013年収穫のヘナはダメかもしれません、、まだまだわかりませんが、

ヘナサンプルを収拾

2012年10月産のヘナサンプルを収拾、まずは今年のヘナの発色をテスト中

↑ PAGE TOP