マハラニ・ヘナ

ヘナの実験

新しいヘナはいつも染まりがよい!?マハラニヘナの染毛力

まず、最初に、ヘナの純度を高める(純度が高い=染毛力が高い)工程について簡単に紹介しよう。

工程1:ヘナの葉飛ばし


強い風を起こし、風でヘナの葉を遠くに飛ばす。 こうして、重たいもの、たとえば、ヘナの枝や種などを手前に落として選別する。実は、ヘナの葉の選別には、4工程程度あり、その詳細については、順次、簡単に紹介するつもりだ。


ヘナの葉の選別の4工程を経ると、最後の工程4では、かなり綺麗に選別される。 風の力と、さまざまなテクニックを駆使する。 これは、現地企業とまはとで、より選別力を高めるために、この数年、改良に改良を重ねた。

ヘナの純度を高める4工程完了後の粉砕ヘナの葉の状態


ここまで見事に選別することができるようになった。 これは、ヘナの葉が粉砕されている状態で、ヘナの葉の原型はない。 柔らかいヘナの葉を砕きながら、フルイにかけて落としていく。 硬い部分、繊維質の部分は粉砕されにくいため、細かくならず、 メッシュにかかって、回転しながら、排除されるという仕組み。 そして、さらに、実際は、ヘナの葉以外の部分の選別工程は、最後にメッシュにかけるという、もう一工程ある。

粉末化前のヘナの純度を高める最後の工程は、手作業!!!


第二選別後の、粉砕されたヘナの葉を、 大きめのフルイにささっと通すことで、


フルイに通らない大きめのもの、つまり繊維が多い部分は、 右下にたまる。 上の写真の右下にたまった繊維質の多い部分は、すべてインド国内用に転用される。 そして、驚くなかれ、第三選別後に、ここまでヘナの葉の純度があがる。



実は、選別工程はここで終わらない。 さらに第五選別、第六選別まであり、 ファイン粉末は、第七選別を行う。 ファイン製法によってできるファイン粉末は ヘナの葉に含まれる葉脈部分ですら取り除かれ、 繊維質がない、ヘナの葉の純度が、限りなく100%に近い。 ちなみに、第六選別まで行った場合、 最初に10トンのヘナ葉を原材料として投入した場合、 6~7トン程度が選別される。 つまり、3~4トンが除去され、砂分などを除いた繊維質が多い部分はインド国内市場へと転用される。 これだけの選別工程を行う製法は、もちろん、マハラニヘナのためだ。 最高の品質のヘナ葉を選定、 さらに、その純度を高めることで 最高の染まりのヘナを届けることができるのです。

染まり良好!2012年産のヘナは保温45分染めで5~10%染毛力アップ!


ほらね!今年、2012年産は、昨年の、な、なんと石臼挽きと比較して、5~10%と発色がよい。これは、すでに5回以上、同様のチェックを、アットランダムに抽出して行い、同様の結果が出ている。

保温は、38度~40度の間に保温した。体温や保温キャップを使用した場合の想定で、発色を加速化させるためだ。また、ハーバルヘアカラー(ヘナ+インディゴ)として使用した場合、短時間での発色が決め手となるため、、実験したが、大変に良好な発色結果が出ている。

ただ、 でも、まてよと、よくよく考えると……

新しいヘナは常に染まりがよい!なぜなら、鮮度=含有色素が高い、つまり、時間が経過していくと、じょじょにヘナの色素は減退していくからだ!!!

2011年産マハラニヘナ石臼挽きも極上のヘナの葉を使って、同様の工程で純度を高めた製品。しかし、2012年のほうが染まりがいい。そういえば、去年の2011年産も、2010年産より染まりがよかったし、、、、そういえば、2010年産も、テストしたときは、2009年産のヘナより発色がよかった、、、ってことは!

ヘナと畳は新しいほうがよい!

という結論なんです。染毛力は新しいほうが高いだけではありません。鮮度がいいと臭みが少ない。だから、使用していて気持ちがよいのです。


常温で一晩浸け置いてみたところ、それでも、新しいヘナ2012年産のほうが5%高いことは確認できた。実は、それ当然なんです。だって、去年のものと比較して、5%~程度、発色が高いものを探して、ここまで苦労して選定しているんですから。。。。ヘナに含まれるローソニア色素は1年で、保管がよいものでは、おそらく、5%~10%減退します。保管が悪ければ、さらにもっと減退するでしょう。当然、去年のものと比較したら、さらによいものが、鮮度がよい状態では必ずゲットできるはず、、、、という考え方で、現地で選定しているのです。ただしただし、実際は、2011年の石臼挽きクラスの染まりのヘナを探すのは、簡単ではないのです。2012年産マハラニヘナ(04)のヘナ葉を集めるのに、3週間かかってますし、まだまだ、足りないので、探している状態。12月第一週までには確保したいと思ってます。

つづき
これが2012年マハラニヘナの実力……純度鮮度高く、高染毛力を保持





ヘナの実験

ヘナの実験

間違いだらけのヘナ!ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

ヘナ染め方のコツ・ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてしまったらどうする?

間違いだらけのヘナ!ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

ヘナ染め方のコツ・ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

高品質のヘナの定義

高品質のヘナの定義「「ヘナ染めの後、数日~1週間で色が一層深まるヘナ」

石鹸は最も色落ちする

髪は洗えば洗うほど色落ちを誘うのか?石鹸は最も色落ちする

 石鹸/石鹸シャンプー類はヘナを色落ちさせる!ヘナカラーの色落ちの実験3

石鹸/石鹸シャンプー類はヘナを色落ちさせる!ヘナカラーの色落ちの実験3

ヘナカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果:ハーブシャンプーはヘナと相性がよい

ヘナカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果:ハーブシャンプーはヘナと相性がよい

ヘナの寝かし時間と白髪束染毛力の関係

ヘナは寝かしたほうがよく染まるのか?実験!ヘナの寝かし時間と白髪束染毛力の関係

ローソニア色素

ヘナの産地の違いによるローソニア色素の含有量テスト

ヘナを鉄鍋で寝かす

ヘナを鉄鍋で寝かすと、白髪が濃く染まる?鉄鍋で白髪が濃く染まるのではなく渋めのオレンジに

ヘナを溶かすには何ccの水?

ヘナを溶かすには何ccの水?インディゴを溶かすのに適切な水量は?ヘナ、インディゴと水量を徹底調査

ヘナを溶かすには何ccの水?

ヘナを溶かすには何ccの水?パート2 三種類のヘナで検証比較……ヘナが劣化するとヘナ粘度が落ちる?

ヘナの色素は高温に弱い

ヘナの色素は高温に弱い……機械挽きによる色素損失度合い検証

マハラニヘナの実力

これが2012年マハラニヘナの実力……純度鮮度高く、高染毛力を保持

ヘナ!ローソニア色素

産地でついに発見マイ ベスト ヘナ!ローソニア色素は楽に3%超!

新しいヘナはいつも染まりがよい!

新しいヘナはいつも染まりがよい!?2012年マハラニヘナの染毛力

よいヘナは発色の伸びが違う

よいヘナは発色の伸びが違う!1週間で赤オレンジから赤褐色に発色してくる

ヘナの実験

オイル頭皮マッサージとヘナは相性がいい…ヘナとオイルの関係

イルとヘナの染毛力の関係

ヘナ前に頭皮マッサージするとヘナの染まりがよくなる?悪くなる?実験オイルとヘナの染毛力の関係

ヘナ前にはシャンプーする必要があるのか?

髪が油っぽいとヘナは染まりにくい?ヘナ前にはシャンプーする必要があるのか?

ヘナ+ヨーグルト

インド伝統のやり方:ヘナ+ヨーグルトのヨーグルトは白髪束の染まりに影響する?

ヘナの実験

ヘナにはレモンや酢で溶かしたほうがいい?ヘナと酸との関係

ヘナをレモン(ライム)で溶かす

ヘナをレモン(ライム)で溶かすとヘナの染色力が激減する…髪染めとしてのヘナは酸に弱い

白髪の染まり具合

ヘナを水溶き8時間後、レモン(ライム)を絞り込んで白髪の染まり具合を実験

ヘナは酸に弱い…ビタミンC

ヘナは酸に弱い…ビタミンCを多く含有するアムラはヘナの染毛力を阻害する

コーヒー紅茶はヘナの染毛力

コーヒー紅茶はヘナの染毛力に無関係…レモン(ライム=酸)は染毛力を落とす

ヘナの酢止めの効果は?

ヘナは水で溶かす?酢で溶かす?ヘナの酢止めの効果は?ヘナと酢の相性を徹底検証

↑ PAGE TOP