ヘナ遊トップヘナ実験室

ハーバルカラー5(ハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5))は1時間1回よりも30分2回が濃く染まる

ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5の方法は、一回の染め時間を長くするよりも、30分程度の短めの染めを繰り返すほうが、より濃く発色する。 ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5の場合は、時間よりも回数なのです。

ハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)は30分2回が濃く染まる
色の見え方はモニターによってかなり違うことがあります。

よくある質問: ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5の染め時間は1時間程度でいいでしょうか?

答えは、 ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5の染め時間は1回30分程度……それを小まめに続けるのが、しっかりと濃く染めるこつです。「染め」の世界では、酸化させることで、色がより一層深まります。その関係で、染めては乾かして酸化させ、さらに染める………一回を長く染めるよりも、染めを重ねていくほうが当然ですが濃く発色します。

ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5を1時間半染めるよりも、 ハーバルヘアカラー(旧ヘナ+インディゴ)5を30分、二回染めるほうがはるかに濃く染まる

ハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)は30分2回が濃く染まる
ハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)は30分2回が濃く染まる

Aはハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)の30分染め、そして、AAはハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)の30分染めを、中一日開けて二回繰り返した。注意すべきは、Cのハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)を1時間半、一回染めたものよりも、AAのハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)の30分の二回染めのほうが、はるかに濃く染まっているという点。

ハーバルヘアカラー(旧ヘナ+インディゴ)5を繰り返すと、逆に濃く染まりすぎてしまう。

6週間の白髪染め、ハーバルカラー5(ヘナ+インディゴ5)とヘナで交互に染めて白髪がダークブラウンに耀くのページで克明の検証しているが、 ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5を繰り返すと、暗めになりすぎてしまうため、 ハーバルカラー(旧ヘナ+インディゴ)5とヘナ単体によるヘナ染めを交互に行うことで、暗くなりすぎることを防ぐ。





↑ TOP

ヘナ遊トップ実験室 実験

染め時間/染める回数

ヘナは長く染めたほうがよく染まる?

ヘナは長く染めたほうがよく染まる?ヘナの染め時間と染まりの関係

ヘナは回数を繰り返したほうが暗めに染まる?

ヘナは回数を繰り返したほうが暗めに染まる?

インディゴは回数を繰り返したほうが暗めに染まる

インディゴは回数を繰り返したほうが暗めに染まる

ヘナ+インディゴ5の染め時間は1時間?

ハーバルカラー5ダークブラウン(旧ヘナ+インディゴ5)の染め時間は1時間?

ヘナ+インディゴ5の染め時間は1時間?

ハーバルカラー5ダークブラウン(旧ヘナ+インディゴ5)は1時間1回よりも30分2回が濃く染まる

ヘナ+インディゴ5の白髪染め繰り返すと黒へ染まり始める

ハーバルカラー5ダークブラウン(旧ヘナ+インディゴ5)の白髪染め繰り返すと黒へ染まり始める

↑ PAGE TOP