ヘナ白髪染め 溶かして塗って1時間の白髪染めめ

溶かして塗って1時間の白髪染め ヘナ+インディゴ=ハーバルヘアカラー 13579

もう面倒臭いなんて言わせない!溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ357(製品名:ハーバルヘアカラー357


上写真の白髪束は、向かって一番左から、ヘナ+インディゴ7(目安色:ブラック、製品名:ハーバルヘアカラー7)、ヘナ+インディゴ5(目安色:ダークブラウン、製品名:ハーバルヘアカラー5)、ヘナ+インディゴ3(目安色:ブラウン、製品名:ハーバルヘアカラー3)。それぞれ、溶かしてすぐに白髪束を投入し、1時間で洗い流した。それぞれの白髪束の左側だけは、再度、翌日に、同じ方法で染毛し、一回めの染まり状態、二回めの染まり状態が比較できるようにした。

ヘナ+インディゴ一回染での注意点は、繰り返しになりますが、インディゴの発色には時間差があり、インディゴの比率が高ければ高いほど、洗い流した直後よりも、半日~一日かけて目安色に向かって発色していきます。洗い流して、あら、染まってないとがっかりするのではなく、ちょっと待って、様子を見ます。翌日も、まだしっかりと染まっていないと思った場合は、ヘナとインディゴをもう一回行います。一旦、目安色に染まったら、あとは部分染め/根元染め/リタッチを定期的に繰り返していきます。まはは、現在は、自分のヒゲ白髪は、すべてこのヘナ+インディゴでやってます。お手軽で、いつも綺麗に仕上がって大満足です。

ヒゲをヘナだけで染めると、赤く発色して、赤ひげおじさんになっていたが……


ヘナ+インディゴ5で染めると、おしゃれなダークブラウンに染まる。ここでヘナ+インディゴ7を使うと、黒ヒゲに染まります。


詳しくは→溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ5白髪染めで剛毛白髪鬚が綺麗に染まった!より




溶かして塗って1時間の白髪染め ハーバルヘアカラー13579

旧製品名ヘナ+インディゴ、色味は、ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン、ブラック、ブルーブラック


染まり方の特徴

ヘナ+インディゴ357

もう面倒臭いなんて言わせない!溶かして塗って1時間の白髪染めヘナ+インディゴ357

ヘナ+インディゴ34567

ヘナ+インディゴ34567(ブラウン~ダークブラウン~ブラック)の白髪の染まり色実験

ヘナ+インディゴ5

ヘナ+インディゴ5はダークブラウン、カラーチャート・ヘナの比率50%以上の場合

ヘナ石臼挽き

ヘナとインディゴの比率と白髪の染まり色チャート・茶髪から黒髪

ヘナ+インディゴ

ヘナ+インディゴ(製品名ハーバルヘアカラー357)はインドヘアケアの頂点

ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

溶かして塗って1時間の白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

ヘナ石臼挽き

溶かして塗って1時間の白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

ヘナ石臼挽き

6週間の白髪染め、ヘナ+インディゴ5とヘナで交互に染めて白髪がダークブラウンに耀く

ヘナ+インディゴ5とヘナ

6週間の白髪染め、ヘナ+インディゴ5とヘナで交互に染めて白髪がダークブラウンに耀く

ヘナ+インディゴ5

溶かして塗って1時間の白髪染め ヘナ+インディゴ5で剛毛白髪鬚が綺麗に染まった!

ヘナ+インディゴ5

ヘナ+インディゴ5で一回染め一時間を続けると白髪もいい感じに染まる

ヘナ+インディゴ357

ヘナ+インディゴ357とヘナしてインディゴで後染めする二度染めの方法の違いは?

ヘナ石臼挽き

ヘナ+インディゴ5(目安色:ダークブラウン)の染め時間は1時間?


↑ PAGE TOP