ヘナ若葉初心者情報

ヘナのコツ/ヘナシャンプー

ヘナは温度で染まる!冬場のヘナは冷やすな!
冬場のヘナは冷やさないこと……温度とヘナの染まりの関係の実験

冬場になって、ヘナが染まりにくくなった

実験では、マハラニ・ヘナ(2009年)を使用した。ヘナを溶かし、おおよそ2時間馴染ませ、その後、Aは湯煎して人肌より少し温かい程度に加温し、さらに人肌より温かい程度に加温し続けた。温度は正確に測っていないが40℃あたり。この温かいペーストに1時間ヤギ毛を入れた。手を入れて温かいと感じる程度。それに対しBは11月の冬場の室温、12~14℃程度。暖房も入れないで、そのままヤギ毛を1時間投入した。結果は歴然です。

冬場のヘナで失敗しないためには……暖めること

実験で使用したのは染まりやすいヤギ毛ですが、実際の人間の髪にはいろいろとタイプがあり、染まりやすい髪、染まりにくい髪があります。もし、比較的染まりにくいタイプの髪の方が、冬場に暖房も入っていないような部屋でヘナされた場合、うっすらにしかヘナの色が入らないといったことがありえます。白髪染めの場合は、ヘナを塗る前に湯煎してヘナペーストを温めるのはもちろん、温かい暖房がよくきいた部屋でヘナし、さらには、途中、ヘアドライヤーなどでヘナした頭のラップの上から加温する、遠赤外線キャップをかぶるなどして、頭部を保温、加温することで冬場でもよく染まるようになります。

結論:ヘナは温度で染まる

インドで、ヘナは体温で染まるという話しをよく聞いた。体が冷えている人は染まりにくいとか、そんな話しも聞いたことがある。たぶん、これは、体にヘナで模様を描くメンディアートでのことなのかもしれない。メンディアートで染めを向上させるために、ヘナでアートを施した手をオーブンの上にかざして温める、などするようだ。手にメンディアートをする女性たちは、経験から温めることでヘナがよく染まるということを知っているんですね。

よいヘナを使用しても、冷えたら染まりにくい

どんなによいヘナを使っても、冷えてしまっては染まりが悪くなるし、逆に、そこそこのヘナでもしっかりと加温していくとよく染まる。つまり、結論は………冬場のヘナでは、温かく保つことがとても大切。温かく保つことで染まりがかなり違います。

参考記事
ヘナした後に頭を保護(保温)する

ヘナ若葉初心者情報

ヘナのコツ/ヘナシャンプー

ヘナでだるい?初めてのヘナの人は必ず読もう!ヘナ知っ得!

ヘナでだるい?初めてのヘナの人は必ず読もう!ヘナ知っ得!

ヘナは温度で染まる!冬場のヘナは冷やすな!

ヘナは温度で染まる!冬場のヘナは冷やすな!

冬場のヘナ

冬場のヘナは冷やさないように!冬春秋へナもこれで快適快適

シロアビヤンガ

「シロアビヤンガ」アーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージのやり方

ヘナ前にヘッドマッサージオイル

ヘナ前にヘッドマッサージオイルで頭皮をマッサージする

オイルで頭皮マッサージ

ヘナ塗る前にまずはオイル塗る!ヘナ前の、オイルで頭皮マッサージは基本です

ヘナした後に頭を保護する…ラップ、キャップ、帽子、保温

新聞紙でケープしてヘナ、なんとなく気分はエコロジー?

ヘナ臭い!インディゴも臭い!……ヘナの匂いを緩和するには?

質問:ヘナ初めてしたら髪がぎしぎしして仕上がりが悪かった

↑ PAGE TOP