ヘナ若葉初心者情報

ヘナのコツ/ヘナシャンプー

ヘナした後に頭を保護する…ラップ、キャップ、帽子、保温


ラップした上に汚れてもいい布を巻くヘナ・ラスター風

ヘナした後にラップする ヘナ→ラップの上に汚れてもいい布を巻く ラスター帽子でヘナしてても歩き回るなんて…こともできる

ヘナの乾燥とヘナ垂れ防止

ラップする

シャワーキャップでもいいですが、ラップを使って、ヘナを塗ったところをカバーしておきます。ヘナの乾燥を防ぎます。また、緩めのペーストを髪につけた場合は、ラップではなく、ボロ布などを直接塗ったほうがいいかもしれません。これは、また、特に冬場などに保温の意味もあります。冷えると色が入りにくくなります。時として、遠赤キャップなどを被るとよく染まるという人もいます。逆に夏場は、ラップで頭が汗をかき、1時間を過ぎたころから汗が流れて、ヘナ垂れが多くなるときがあります。ティッシュで拭き取りながら、場合によっては、1時間でラップをはずし、布だけを巻いて、余分な水分を吸わせたほうがいいこともあります。また、ラップではなく、ショッピングバッグを利用される皆さんも多いようです。

汚れてもいい布・タオルを巻く

ヘナがよく垂れてきますが、汚れてもよい布・タオルなどを頭に巻いておくことで、ヘナ垂れを防ぐことができます。白いもののほうがいいでしょう。ヘナがどこから染み出しているかよくわかります。また、首に汚れてもよいタオルなどを巻いておいて、垂れてきたら拭き取りながら、1時間~3時間、髪にヘナを置いたままにします。

帽子やスカーフなどする

タオルの上に、こんな帽子(写真一番下)を被っていたら、ちょっとおしゃれ。

ヘナ若葉初心者情報

ヘナのコツ/ヘナシャンプー

ヘナでだるい?初めてのヘナの人は必ず読もう!ヘナ知っ得!

ヘナでだるい?初めてのヘナの人は必ず読もう!ヘナ知っ得!

ヘナは温度で染まる!冬場のヘナは冷やすな!

ヘナは温度で染まる!冬場のヘナは冷やすな!

冬場のヘナ

冬場のヘナは冷やさないように!冬春秋へナもこれで快適快適

シロアビヤンガ

「シロアビヤンガ」アーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージのやり方

ヘナ前にヘッドマッサージオイル

ヘナ前にヘッドマッサージオイルで頭皮をマッサージする

オイルで頭皮マッサージ

ヘナ塗る前にまずはオイル塗る!ヘナ前の、オイルで頭皮マッサージは基本です

ヘナした後に頭を保護する…ラップ、キャップ、帽子、保温

新聞紙でケープしてヘナ、なんとなく気分はエコロジー?

ヘナ臭い!インディゴも臭い!……ヘナの匂いを緩和するには?

質問:ヘナ初めてしたら髪がぎしぎしして仕上がりが悪かった

↑ PAGE TOP