マハラニヘナ石臼挽きがJOCA日本オーガニックコスメ協会推奨品マーク取得

JOCA日本オーガニックコスメ協会

JOCA日本オーガニックコスメ協会の推奨品マークです。

現在、製造中の2017年産のマハラニヘナ石臼挽きには、このマークが貼付されます。

実は、インドでのオーガニック、インドでのエコサートにしてもそうなんですが、認証のための認証になっているように見えます。オーガニック認証組織のための認証で、インドの場合は、特にひどくて、なんでもかんでもなんとなくオーガニック認証にできてしまうような風潮があり(お金さえ支払えば)、製造する側もシールが貼ってあれば消費者はたぶん安心するだろうというレベルで料金を支払って……ただ、その程度のことでは必ずしも中味を保障するようなことにはならないのでは?と、これはあくまでインドでの話ですが疑問に思っていました。極端な話、あくまでインドでの場合の話ですが、オーガニック認証マークが貼ってあっても、必ずしも安心しきれる状態にないのが実態でした。

ところが、JOCA日本オーガニックコスメ協会代表の水上さんが、世界の流れでも、オーガニック認証は必ずしも安心のマークとはいいきれなくなりつつあることに危惧をいだいて、この協会をたちあげ、JOCA日本オーガニックコスメ協会では、消費者の側にたって、その商品が本当に安心できるかどうかを「認証」ではなく「推奨」という形で推奨するに至ったとのこと。

今回、マハラニヘナ石臼挽きを推奨品としていただいた際の、評価のポイントは、以下のようではないかと、推測しています。

1)製造中に、重金属などの検査を何度となく行い、原材料がまず汚染していないかを確認し、最終製品段階においても、検査を実施している。

2)製造において、殺菌方法を天日とし、薬剤やガンマ線を一切照射せず、品質を保つために真空パックなど、安全な手段を採用している。

3)製品には一切の化学的な薬品を使用していないし、化学薬品ゼロ宣言向上で生産するなどし、さらに、製品完成品に化学薬品などが混入していないか、日本の検査機関で最終検査を実施している。

4)製造にあたって、日本人が現地にて、細かい指導をし、製品の安全性の確保を実施している。

5)現在、ヘナの栽培に着手し、さらに安全な原材料の確保について、前向きに努力している。

6)そして、何よりも、それを作るものの人柄、人間性、製造に対する姿勢が評価された。

と理解しています。

JOCA日本オーガニックコスメ協会を応援します。