ヘナ遊インドハーブなスキンケア

これぞ究極の無添加石鹸!石鹸入らずの手作りハーブ石鹸!はお水

インドハーブなスキンケア

究極の究極は石鹸抜きハーブ抜き!・・究極の無添加石鹸は「お水(湯)」だけってこと・・・ハーブの不思議な法則・・・ハーブは使えば使うほどにハーブ自体が不要になっていく

水はちと寒いんで、お湯くらいにしておこう。お湯で十分。ハーブだけで体を洗っていると、だんだんとハーブもいらなくなり、使用量が少なくなり、しかも、使用回数が減っていく。これは不思議な法則なんだ。シャンプーにしても同じ。石鹸成分抜き、発泡剤(SLSなど泡が立つシャンプー類にはからなず類似した薬剤が使用されている)抜きのシャンプーならぬ、たとえばシカカイの実のハーブシャンプー>>髪をしなやかに、櫛の通りをよくするハーブ・これが本当の無添加天然トリートメントシャンプーシカカイ礼賛!や、石鹸を使わずにハーブだけでケアしていると、あれあれ、だんだん、ハーブもいらなくなってくる。これは、実に不思議。お湯でさっと洗うだけで、綺麗になっちゃったって感じるんで、わざわざ高いハーブを使うこともなかろう、もったいないしって思えるようになってくる。究極の安上がり。水。ところがだ、現代のケア製品は、使えば使うほど、もっとたくさん、もっと高いものが欲しくなる・・・要は、人間の基本的欲望、綺麗でありたい、をついている、単なる商品なんだと思うよ。本来は、ケアはシンプルイズベストだと、まはは思う。使えば使うほど、金かかり、ケアがいる・・・んじゃなくて使えば使うほどに、不要になっていく、それが本来のケアのあり方だろうと思う。

水洗いだけでケアしている人がいる!

嘘じゃないよ。これはまはが勝手に言っていることじゃない。まはの友人には、少なくとも2人、この究極に到達した人物がいる(ちなみにまははまだ修行不足。そこまではいけない。つまりやっぱりハーブのお世話になっている。やっぱり、シカカイ!やっぱりベサン!・・・修行が足らん!けどもさ・・)。20年以上も、石鹸もハーブも何も使わないで、ただ、水(あるいはお湯)だけで、体をさっと洗い流してるだけにも関わらず、お肌ピカピカの40代がいるのだ。石鹸を使うとお肌が傷むとその二人は口を揃えて言う。一度、石鹸を使いはじめたら、それから、たくさんのものが必要になる。化粧水、ボディローション、お肌の栄養クリーム・・・・。ただ、髪については、やはり、少しだけ(月数回)ハーブを使用するそうだ。髪は、何も使用しないってのがやや難しいらしい。だけどね、お肌は二人とも、皺ひとつなく、ツルツルだよ!40代後半にもかかわらず、何も使用しなかったら、石鹸も使わないし、化粧水も要らない、もちろん、化粧などはもってのほか、すると、40になっても、まるで化粧をしているみたいに、きれいなお肌。彼らを見るたびに、まははため息をつく。この世の中、何かがおかしいってさ(自分も含めてね)。みんな、最初に、悪い影響が出ることに一生懸命になる。ほれ、ヘアダイ、パーマ、石鹸でゴシゴシ、化粧品、・・・・それで、お肌と髪と地肌を徹底的にいじめて、さて、どうしよう!今度は、それを何とかしなくちゃと、ハーブを使ったり、無添加石鹸とか、ナチュラルとかさ、ヘナとか、いろいろとやらなきゃならない。金と時間、かかるナー。それだけなら、まだいい。ヘアダイや石鹸や化粧品でお肌と髪をイジメながら、同時に、ハーブやら、ヘナやらをやろうとする!

日本の水道、塩素事情も厳しいなぁ~

とはいっても、日本の状況はきびしいな。塩素づけの水では、間違いなく髪も地肌もお肌もやられる。髪や地肌や肌がやられるために、人間の表面に住んでいる、人間の表面を守っている菌や油が分解されて、髪や肌が無防備な状態となる。これは、あくまでまはの勝手な推測にすぎない。まはの勝手な推論>>>ヘアダイパーマシャンプー石鹸塩素で髪と地肌になにが起こるか?を推理してみた だから、勝手にいわせてちょうだいね。塩素、と、石鹸ってやつは、お肌をダメにする。しかも、両方とも、同じ工程で製造されているんだぜ!わかる?つまり、石鹸に必要なのは、苛性ソーダ。これはもともと布を漂白するのに使われていたという。昔は、苛性ソーダを製造する過程で、大量に出てくる塩素という物質を捨てていた。それで、その再利用がいろいろと考案された。最初に実際に、塩素が利用されたのは、第二次世界戦争のとき、ドイツが塩素ガス兵器として使用したんだそうだ。戦争後は、ベトナム戦争時、枯葉剤として、ベトナムに大量に散布したのが、塩素系の薬剤だそうだ。その後、DDTなども枯葉剤として農業に使用された。日本では、塩素が、水道の消毒として、大量に使用されている・・・やれやれって感じ。塩素でまず、肌をいため、それで、塩素の兄弟の苛性ソーダで作られる石鹸で、またやられる・・・。水だけで洗うなんてもの、都会では、難しいかもしれないね。

一騎に石鹸抜きハーブ抜きの究極の無添加石鹸ならぬ、ただの水だけで、髪もお肌も洗うってことはできない。少しづつ、自分なりに、みんなに試してみてほしいと思うんだ。まずは、石鹸やシャンプーを使わないでやる方法から試してみよう。まはのすすめる髪をしなやかに、櫛の通りをよくするハーブ・これが本当の無添加天然トリートメントシャンプー で髪洗い、ハーブみたいなもので、体を洗ってみたらいい。これで確実にシャンプーの回数や体をあらう回数が減るし、髪と肌がいい感じになるのを体験できると思う。また、日本にもいろいろとあるらしい。小豆で体を洗うとか、昆布にふのり、あるいは、米ぬか!もあるじゃないか。。。要するに余計なコスメティックやヘアダイ、パーマなど薬剤を使うもの、塩素と石鹸を避けるだけで、髪と地肌がよくなっていくはずだと思う。究極のスキンケア、ヘアケアでは、ヘナも、ハーブも何もいらんと思うね。仮に使ったとしても、ちょっとだけ。できるだけ、何もしないケアをしたい。でもね、この世の中で一番難しいのが、何もしないこと。みんな何かをしたがる。すればするほど、深みにはまる。昔、老子が「無為之為」なんてことを言った。何も為さないということの為すこと、これが究極。何もしないでも、ちゃんとひとりでに、なされている・・・・そんなケアができたら最高だと思う。



↑ TOP

頭皮とお顔の皮膚は皮一枚で繋がっている!スキンケアも頭皮ケアから!

…ヘナやハーブシャンプーはじめてから、お顔のできもの、背中のできものができなくなった…髪の毛の調子がいいのはもちろん…皆さんに"肌がきれいになった"と、言われるようになった……吹き出物やシミも消えている……「ハーブシャンプー洗顔」を始めてからはニキビはできていません。…

スキンケア

美白美肌スキンケアは頭皮から!ヘナとハーブシャンプーがいい!?

スキンケア

ヘナやハーブには美肌効果?ヘナやハーブシャンプーで吹き出物やシミも消えている!

スキンケア

ハーブシャンプーの残りで顔も体も洗っていたらニキビできず毛穴もしまり小鼻の汚れがよく落ちてビックリ

究極のスキンケアは石鹸要らず

ハーブだけで体を洗っていると、だんだんとハーブがいらなくなる……これは不思議な法則。ただ、お湯だけで体を洗い流してるだけにも関わらず、お肌ピカピカの40代がいる……。石鹸って単に余分だった、使えば使うほど使わないとならなくなるシロモノです。

スキンケア

究極の無添加石鹸!石鹸入らずの手作りハーブ石鹸!

スキンケア

究極の究極は石鹸抜きハーブ抜き!・・究極の無添加石鹸は「お水(湯)」だけ

↑ PAGE TOP