ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ畑

2012年9月3日ヘナの産地からレポート

ヘナのお話……9月、ソジャットのヘナ畑は大雨で水浸し…ヘナは大きく成長中


そこには水浸しのヘナ畑があった……

9月初旬……普通なら、ヘナの収穫が始まるだろう、この時期に、ヘナ畑は連日の雨で水浸し。これを書いている9月3日(2012年)現在、ソジャットのあるラジャスタンの州都ジャイプールは、大雨で市内のいたるところが水没している。この雨の恵みを受けて、ヘナは新芽を大きく成長させている。


この時期に、ヘナ畑に入ると、ぬかるみで足をとられ、転びそうになることすらある。ぬかるみから足が抜ききれず、サンダルが泥にはまってしまうこともしばしばだ。


実に、実にみずみずしい葉。。。雨が終わり、収穫を目の前に迎えたヘナの葉とは、まったく違う……。

ヘナの葉に色素が発生する仕組?

水浸しのヘナ

雨が降って、葉が成長している段階のヘナの葉には、さほど、色はのっていない。色素は、雨季が終わって乾期になってから、ヘナの葉の中に本格的に生成されると考えている。それは、たとえば、日本には、冬の手前に紅葉といって、葉が赤茶に変色して落ちる季節があるが、一種、この紅葉と似た変性が、ヘナにも起こるのではないかなと考えています。その仕組は……

雨が終わって、灼熱の太陽がヘナの産地に降り注ぐと、すべてはカラカラに乾燥をはじめる。砂漠の方角から、カラカラに乾いた暑い風が吹いてくると、すべてが干からびたように乾燥しはじめる。土地も、植物も、人間も、何もかもだ。すると、ヘナの葉も葉を茶色に変色させて落とし始める。ヘナの紅葉とでもいったらいいのか……。ヘナ農民は、このヘナの変色、紅葉が始まると、大慌てで収穫を始める。ヘナの変色が始まると、おおよそ2~3週間で、ヘナは葉を全部落としてしまうからだ。そして、ヘナの変色が始まるころ、ヘナの葉はもっとも肉厚で重く、しかも色素がもっとも濃い。


ヘナは雨の恵みをもらうと、太陽がほしいと、葉を大きく広げる。雨の後は太陽をくれ!と、貪欲に、葉を大きく広げる。そして、雨の後、強いラジャスタンの太陽の日差しが降り注ぐと、葉は一層大きく成長する。雨の恵みと太陽の恵み、これが交互に、按配よくヘナに降り注ぐと、色素の濃いヘナがたくさん収穫される、雨だけでもだめ、太陽だけでもだめなのだと、そう農民は言う。






ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ畑1

ヘナ畑と女の子

ヘナ畑と女の子…ヒーナ(ヘナ)ちゃん

ヘナ畑の天使

ヘナ畑の天使…ふと傍らを見ると、ヘナの花が満開

ヘナ畑と子ども

ヘナ畑と子どもたち

ヘナ畑の天使

ヘナ畑の天使2

ヘナはどちらかというと草

ヘナはどちらかというと草に近いのか?

ヘナという植物を撮りつづけて8年め

ヘナという植物を撮りつづけて8年め

収穫間近……朝日に照らされるヘナ畑にヘナ農民のファミリーを発見

ヘナは切られても切られても芽を出す

ヘナは切られても切られても芽を出す…収穫2ヶ月後のヘナ畑

ヘナ畑

ヘナ畑はまるで死んだように眠りにつく……

ヘナ畑でヘナの観察・ふうちゃんの夏休み自由研究<動画>

ヘナ畑でヘナの観察・ふうちゃんの夏休み自由研究<動画>

朝のヘナ畑散策

朝のヘナ畑散策……ヘナの若木と老木(2013年3月18日)

ヘナ葉は牛たちの

新鮮なヘナ葉は牛たちのおいしい朝食!(2013年3月17日)

ヘナが熱い太陽の下、成熟

熱くなってきた!ヘナが熱い太陽の下、成熟を始めている(2013年2月28日)

どんよりと曇るヘナの産地

季節はずれの雨に寒く、どんよりと曇るヘナの産地(2013年2月16日)

ヘナの命、生命力

ヘナの赤オレンジ色の色素は、ヘナの命、生命力だ

ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ畑2

ヘナ収穫

女たちのヘナ収穫

ヘナ第二収穫

収穫時期でヘナの品質に大きな違いが!ヘナ第二収穫について

畑のヘナ

畑のヘナは丸裸に刈り取られるのが運命、刈り取られることで色素が濃くなる!

ヘナ畑のヘナが収穫

子供達と楽しく遊んだヘナ畑のヘナが収穫へ

ヘナの収穫

長い雨季が終わり、ついに始まったヘナの収穫

ヘナの産地が大雨

ヘナの産地が大雨!動画でヘナ生育状況確認

ヘナのお話

ヘナのお話……すくすく成長するヘナの畑で、まはも畑仕事!「ヘナ畑で、はいチーズ」

ヘナ畑は大雨

ヘナのお話……9月、ソジャットのヘナ畑は大雨で水浸し…

ソジャットに大雨

8月後半、ソジャットに大雨で作柄良好!ただいまヘナ畑では

干ばつの心配深まる

干ばつの心配深まる……ヘナの産地ソジャットは今日も雨降らず……

↑ PAGE TOP