ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

インディゴは小まめに(短時間)繰り返して染めるのが暗く染めるコツ

インディゴの白髪束、染毛実験ほど、悩ましいものはない。同じ実験をしているつもりが結果が違ってきたりする。実に悩ましい。今回は、同じ実験を都合3回行った。最初の2回は、なぜかうまくいかなかったかのように見えるが、実際は不明。最初の2回の実験結果をも含めて、インディゴの染め時間と染まり具合を考えていこうと思う。

インディゴ後染め1時間半よりも、後染め30分を2回のほうが暗く染まる

先が長いので、先に現時点での結論をお伝えしておきます。 白髪を濃く暗く染めたい、ほとんど黒に染めたい場合は、最初に1~2時間のヘナ白髪染めを行い、続けて、インディゴを溶かして塗って30分のインディゴ後染めを2回行うのが最も濃く暗めに、ほとんど黒に染まるのでしょう。ヘナの後、続けて、インディゴの後染めを1時間半するよりも、ヘナの後、インディゴ後染めを30分ほど行い、数日空けて、再度、インディゴ染めを30分程度行うほうが暗めに染まります。

実験に使用したのは、安定した染毛力を保持するアートビーング製マハラニ・インディゴ
マハラニ・インディゴ

使用したのはマハラニ・インディゴで、染め時間、30分も1時間も2時間も染まり具合に大差ない?!

マハラニ・インディゴ</a>で、染め時間、30分も1時間も2時間も染まり具合に差がない?!

この実験ではヤギ毛を使用した。真っ白のヤギ毛だから、綺麗に染まりやすいため、比較実験には人毛よりも適切かもしれない。しかし、比較には適切だが、あくまで人毛でなくヤギ毛。。。発色が微妙に違う。にしても、ヤギ毛の実験でショックだったのは、インディゴの染め時間と染まりの関係がかなりおかしなことに……。普通、長く染めれば、その分だけ濃く染まると考えがちだが、インディゴ30分の染時間のAと、2時間染めたDと違いがない。。。さらによく観察していると、染時間1時間のBが一番濃い。染時間1時間30分のCは少し薄くなり、染時間2時間のDはさらに薄くなっている、染時間30分のAと同様に見える。過ぎたるは及ばざるがごとしということなのか、はてさて、これはなんと理解したものか。。。

実験の方法はすべて同じ。マハラニ・インディゴを、その5倍の水で溶かし、溶かしたらすぐに白髪束を入れ、30分にひきあげる(染時間30分)、1時間で引き上げる(染時間1時間)、1時間半で引き上げる(染時間1時間半)、2時間で引き上げる(染時間2時間)ということをやったんです。

インディゴで染める際、染時間が1時間がピークで、それを過ぎると逆に染まりが落ちる?

インディゴで染める際、染時間が1時間がピークで、それを過ぎると逆に染まりが落ちる?

上の写真が一番最初の染毛実験。Bの1時間染が一番結果がよい。1時間半染めると、染まりが薄くなっていく。さらに2時間染めたものは、もうすこし染まりが薄くなっていく。長く染めれば染めるほど、染まりが悪くなっているようにも見える実験結果。1時間半染めるの意味は、インディゴを5倍の水で溶かして、白髪束を投入して1時間半で引き上げて、洗い流すとういうことです。これがインディゴ液に浸かってた時間が染時間。

また、ここでも、一点、インディゴの紫発色の疑問が出ています。A、C、Dには、紫に発色した部分が見られます。Bはインディゴブルーのまま。この紫発色についても気になりますが、これは今後の課題としますが、一般的にインディゴ染めを行ってからしばらくして、たぶん、数日~5日くらいして紫発色してくる場合があります。通常は、ヘナのオレンジと混ざってさほど目立ちませんが、ちょっとした光の反射の加減で、インディゴの紫発色がわかる場合がある、といった程度です。

藍色(インディゴブルー)
マハラニ・インディゴを溶かして1時間放置した状態で、すでにかなりの量の藍色(インディゴブルー)が表面に浮いている。藍色は油溶性のため、上に浮いてきて幕を張り、テカるように光る。この藍色の出方の早さ、強さで、インディゴの品質を定めるが、そういう意味ではマハラニ・インディゴはまさしく極上の品質といえるだろう。

マハラニ・インディゴはインディゴブルーの生成が早いのではないか?

上の実験結果はすべてのインディゴに当てはまりません。これは、あくまでマハラニ・インディゴ(実験では2008年産使用)について言える結果です。この結果から何が言えるかもしれないかというと、マハラニ・インディゴは、インディゴブルーの生成が早いのではないかということを予想しています。

インディゴが染まる仕組み

インディゴで、どうして染めることができるかの仕組みは、調べたところ、まず、インディゴの葉を粉末にしたものを水に溶かすと、粉末に含まれるインディカンと酵素が結合して、油溶性、藍色の色素を持つインディゴが生成されるというもの。インディゴを水に溶かして、水溶性であるうちに髪に浸透させ、髪の中で油溶性である藍色であるインディゴブルーを生成させてしまうことで、髪が染まるという仕組み。

ところが、マハラニ・インディゴはインディゴブルーの生成が通常より早く、恐らく1時間で大半が終わってしまう=1時間以降はインディゴ液に浸けておいてもさらに濃く染まることはない?のではないかという仮説を考えている。

インディゴは長時間置くよりも、短時間でも回数を重ねたほうが濃く染まる

インディゴは長時間置くよりも、短時間でも回数を重ねたほうが濃く染まる

さて、ここで再度、3回目の染毛実験の結果を見てみよう。 この実験では、素直にA、B、Cと染まりが少しづつ濃くなっていった。これが不思議ではあるけども、最後の3回目の実験では、インディゴを濃く染めるには、短時間をAを二回やったほうがいいのではないかと考えて30分の2度染を行ったところ、やはり一番濃く染まった(D)

マハラニ・インディゴの場合は溶かして塗って1時間半を一回するよりも、30分を2回重ねるのほうが濃く染まる。白髪を黒系に染めたい場合は、小まめにインディゴ染めを行うこと




インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの発色について

イインディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

インディゴの染め方のコツ・インディゴを洗い流した後、ヘアドライヤーで髪を乾かしてはいけない!

インディゴの後染め注意点:インディゴ染め後、さらさないで速乾させると染まりにくい

インディゴの後染め注意点:インディゴ染め後、さらさないで速乾させると染まりにくい

白髪染め必須知識:インディゴ染めの後さらさないで速乾させると染まらない

インディゴ染め後、ドライヤーで速乾させると発色が悪い

インディゴ染めで髪が紫に発色してしまう問題

インディゴ染めで白髪が紫に発色してしまう問題

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

ヘアダイパーマの長期使用でダメージがあると最初のヘナで白髪の発色が悪い

インディゴ染めの後、速乾させると発色が悪い?

美容師Kさんからのお便り:インディゴ染めの、紫発色の件

最初緑色でじょじょにダークブラウンに……これがヘナ後のインディゴ発色

最初緑色でじょじょにダークブラウンに……これがヘナ後のインディゴ発色

ヘナ白髪染め後、特選インディゴ後染めすると黒っぽくにしか染まらない?

ヘナ白髪染め後、特選インディゴ後染めすると黒っぽくにしか染まらない?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

特選インディゴで白髪を濃く、ほとんど黒髪に染めるための染め時間は?

実験第2弾!特選ヘナと特選インディゴ(木藍)でどこまで白髪が暗めに染まる?

実験第2弾!特選ヘナと特選インディゴ(木藍)でどこまで白髪が暗めに染まる?

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

実験第3弾!絵の具でヘナとインディゴ(木藍)の白髪染めの原理を検証してみた

インディゴの白髪束染毛実験

インディゴの白髪束染毛実験

もう面倒臭いなんて言わせない!ヘナ+インディゴの白髪染め、自由自在!

もう面倒臭いなんて言わせない!ヘナ+インディゴの白髪染め、自由自在!

ヘナとインディゴの配合比率を変えての白髪束の染毛実験

ヘナとインディゴの配合比率を変えての白髪束の染毛実験

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

サルでもできる!たった1時間のヘナ+インディゴ37白髪染め!はおしゃれなダークブラウン

お手軽な白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

お手軽な白髪染め、ヘナ+インディゴでの白髪の染まり方

インディゴカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果

インディゴカラーの色落ちの実験・ハーブ洗髪12回の結果

↑ PAGE TOP