マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合

2013年1月19日ヘナの産地からレポート

よいヘナは染めた後、色の深まり度合いがよい!
これがマイベストヘナ、石臼挽き後のヘナの染まり具合


ヘナの、本当の良し悪しというのは、ヘナで染めた直後ではわからない。 ここが難しいところ。ヘナの見極めを行う際、白髪束で染めてみて、確認を行って、それで買い付けたいところなんだが、実際には、それだけではうまくいかない。理由は、ヘナの、本当の良し悪しは、ヘナで染めた直後ではわからず、本当によいヘナとういのは、染めた後、3~4日しないとわからない。

ヘナで染めた後、数日~10日経過して、色がどこまで深まるか、これがよいヘナの見極めである


ヘナの色の深まりを、わかりやすくしたのが上の図。ヘナの染毛には、実は酸化プロセスがある。空気に触れて酸化することで、ヘナ特有の赤オレンジ色発色が、赤銅色に色を深めてくる。これがヘナの醍醐味なのだ。

ヘアダイなど、薬品の染めは、染めた直後と、1週間後とでは、ここまで違わないと思う。ところが、ヘナなど、自然染めは酸化によって色に変化が出てくる。

ヘナの葉の買い付けには、産地情報と勘が欠かせない

色の深まりがよいヘナを見つけるためには、産地情報、これを欠かすことができない。ソジャットには、この色の深まりがよい産地がある。その産地のヘナのなかから、さらに、経験、勘で、良し悪しを見極める。これが、ヘナの葉の目利きの基本。

メンディアート(皮膚にヘナで模様を描く)には、良質なヘナが必須

特に、メンディアート(皮膚にヘナで模様を描く)をやられる皆さんには、よいヘナ、色が深まってくる良質なヘナは欠かすことができない。


マハラニ・ヘナはボリウッド映画スター・アイシュワラレイ御用達!?

どうです?メンディアートで、皮膚上で、ヘナがしっかりと褐色に色が発色していますね。






マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・完成度が高い2016年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!は、あと数ヶ月持つのか?(2013年1月12日)

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナの製造工程2~ヘナ石臼挽き始まりました

ヘナの製造工程2~ヘナ石臼挽き始まりました

ヘナ石臼が挽き終わりました!

ヘナ石臼が挽き終わりました!

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

↑ PAGE TOP