ヘナ遊ヘナ遊写真集

これがヘナやハーブの高速粉末化装置だ(2013年3月8日)


 今日は粉末化装置の中を覗いてみよう

今日は粉末化装置の中を覗いてみよう

こんな写真を漠然と見ても、なんのこっちゃかわからないかもしれない。 石臼なら、石臼が回って、それが粉になる。じゃ、一日にヘナやハーブを何トンも粉末化できる装置の中身はどうなっているんだろう?じゃ、今日は粉末化装置の中を覗いてみようっと。

さび付いてるように見える部分はさびじゃない、、、、実はヘナを練って隙間をつめている。。。 隙間をつめないと、ヘナの粉が噴出してくるんで(汗、、インド製なんですね、この装置。
↓これが粉末化装置の心臓部、、、ここでヘナやハーブが粉になる これが粉末化装置の心臓部、、、ここでヘナやハーブが粉になる 
ハンマーと呼ばれる回転羽。この回転羽が高速で回転する。下の写真は摩擦で磨耗した回転羽。 これがハンマーと呼ばれる回転羽。この回転羽が高速で回転する。

ハンマーと呼ばれる回転羽が高速で回る

中にはハンマーと呼ばれる羽が4枚、回転しているが、このハンマーは定期的に交換してやる必要がある。 ハンマーは鉄製で、鉄の釜の中を回転して、ハーブを粉にしているが、そのハンマーは磨耗してしまうので、交換する必要がある。

これがお釜の壁面、、、鉄のハンマーが、この釜の壁面を擦りつけ、ハーブを粉にする。

これが釜の壁面。鉄製で、この壁面を回転羽が擦りつける
釜の壁面

これが釜の壁面。鉄製で、この壁面を回転羽が擦りつける
磨耗したハンマーと呼ばれる回転羽。トン単位で処理すると、このように磨耗する。

釜の壁面は鉄製。その壁面をハンマーが高速で回転することで、ヘナやハーブが粉になる。瞬間だが、ハーブ類は200度近くまで過熱される。過熱されたままでは困るために、風で吐き出され、空冷しているわけだ。

あれ、こんなに磨耗してるってのは、じゃ、ヘナに鉄が混ざるんでは?と素朴な疑問を持つ人がいるでしょう。答えは「はいそうです、微量の鉄分が混ざります」そして鉄分は、ヘナに混ぜるのがおすすめ。何しろ鉄鍋でヘナを溶かすくらいですからね。。。

 今日は粉末化装置の中を覗いてみよう

高速で粉末化されたあと、パイプの中で風と一緒にはき上げられ、空冷され、後ろの長細い袋の中にたまってくる。



↑ TOP

ヘナ遊写真集

ヘナの写真

朝のヘナ畑散策……ヘナの若木と老木(2013年3月18日)

朝のヘナ畑散策……ヘナの若木と老木(2013年3月18日)

新鮮なヘナ葉は牛たちのおいしい朝食!(2013年3月17日)

これがヘナやハーブの高速粉末化装置だ(2013年3月8日)

熱くなってきた!ヘナが熱い太陽の下、成熟を始めている(2013年2月28日)

熱くなってきた!ヘナが熱い太陽の下、成熟を始めている(2013年2月28日)

季節はずれの雨に寒く、どんよりと曇るヘナの産地

季節はずれの雨に寒く、どんよりと曇るヘナの産地

ヘナの赤オレンジ色の色素は、ヘナの命、生命力だ

雨がいっぱい、太陽がいっぱい、そんなヘナ畑で幸せな気分

雨がいっぱい、太陽がいっぱい、そんなヘナ畑で幸せな気分

ヘナはインドの結婚式に欠かすことができない

ヘナはインドの結婚式に欠かすことができない

ヘナ不作、農民の笑顔

ヘナ不作、農民の笑顔

ヘナ、不作の年は畑に育つゴールド(金)

ヘナ、不作の年は畑に育つゴールド(金)

ヘナの葉のよしあしとは…

ヘナの葉のよしあしとは…

ヘナ市場で

ヘナするインド女性

ヘナするインド女性

ヘナするインド女性

ヘナするインド女性

ヘナするインド女性

ヘナするインド女性

↑ PAGE TOP