ヘナ若葉初心者情報

必要な道具など

ヘナを溶かす道具はマドラー、泡だて器、ブレンダーのどれがいい?<動画>

上の写真、向かって左から、マドラー、泡だて器(中央)、ブレンダー(右端)のうち、どれがもっとも効率的にダマをつぶしながら、ヘナを練り上げることができるか?を、テストしてみた。

実験では、ダマになりにくい石臼挽きヘナを使用せず、ダマになりやすい機械挽きのヘナを使用しました。

石臼挽きは、ダマになりにくいため、スプーンでも綺麗に練れてしまいます。ところが、機械挽きのヘナ(通常のヘナはすべて機械挽きです)の場合、ヘナの粉の目が細かいために、ダマになります。スプーンで練りますと、スプーンにダマがこびりついて、ちょっと苦労します。だから、機械挽きの場合は泡だて器やマドラーなどが適切で、ブレンダーはなおいいのですが、今回は、泡だて器、マドラー、ブレンダーで、どの程度、練りあがりに差が出るか実験をしてみました。

動画では熱湯と説明していますが熱湯は×使用しないで、ヘナを溶かすのは50度~60度のお湯で!

ヘナ若葉初心者情報

必要な道具など

ヘナするためのお道具説明

動画・ヘナするためのお道具説明

ヘナを溶かす道具はマドラー、泡だて器、ブレンダーのどれがいい?

動画・ヘナを溶かす道具はマドラー、泡だて器、ブレンダーのどれがいい?

ヘナするのに必要なオイル・道具など

ヘナするのに必要なオイル・道具など

ヘナと鉄鍋

ヘナと鉄鍋について

↑ PAGE TOP