マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

やっと出会えた!最高の感触、感動の仕上がり!これぞ本物…インド伝統のヘナ石臼挽き


30年前まで、インドでは、ヘナはこうしたヘナ専用の石臼で挽かれていた

つい30年ほど前までは、ヘナは石臼で挽かれていた。30年ほど前、高速化粉末化装置が導入され、ヘナ石臼はあっという間に消えてしまった。そもそも、粉末化の処理能力が月とすっぽんほどに違うからだ。高速化粉末化装置は、一日に何トンも処理できる。それに対して、ヘナ石臼はいくらがんばっても、2百キロ程度。自転車とオートバイ、電車と飛行機といった違い。しかも、石臼の目立てなどのメンテナンスにとんでもない時間がかかる………。

ヘナ石臼挽きの伝統は絶え、それとともに、本当のヘナの良さも失われてしまったのではないか?


高速粉末化装置の普及により、ヘナ石臼挽きの伝統は絶え、それとともに、本当のヘナの良さも失われてしまった、と今にしてはそう思っている。石臼挽きされたヘナを使い込んでみて、その手触り、その感触、その染まりを体感するにつれ、まはが求めていたヘナにやっと出会えた!と、そう感じることができた。 早い話し、高速粉末化装置という効率化大量生産の前に、一日、わずかばかりしか粉末化できないヘナ石臼は消えてしまい、ここにこうして本物のヘナに出会うことができるまでに、相当の年月がかかってしまったということになる。

石臼挽きヘナの特徴:ダマならない、よく染まる、洗い流しやすい

昔は、ヘナの粉は、目が細かいほうがよいと、そのほうがよく染まるだろうからと、漠然とした理由で、そう思い込んでいたが、実際は、ヘナ粉末の目が細かいと、鮮度が高いものほど、ヘナはダマになりやすい。高速化粉末化装置は強力で、一瞬でヘナの粉をかなり細かく砕くことができるが、言い換えると、目が細かくなりすぎるために、ヘナを溶かす際にダマになりやすくなる。細かくしたからといって染まりが向上するかというと、実際は、必ずしもそうでないことが、この石臼挽きヘナを使って、はっきりとわかった。

よい葉に出会えました。この葉をただいま、石臼で挽いています。

石臼挽きヘナは粗挽きではあるが、粒子が大きすぎるわけでもなく、ちょうどよい粗さに仕上がり、溶かしてはダマにならず、また、しっかりとペースト状にプリプリになる。そして、とてもよく染まります。


ただいま、挽きたてのヘナを使ってヘナをしながら、石臼の温度を確認しています。一発で手が綺麗なオンレジに…よく染まります。

石臼挽きヘナは鮮度が高く、ジューシーによく粘る!

石臼挽きの粘度は、実は、通常のヘナの粘度とは少し違います。ヘナの葉液が染み出してきている感じ、そう、ジューシーな粘性です。石臼で挽いているため、ヘナの葉が高速化粉末化装置で高温にさらされなかった結果として、ヘナの葉液が残されているということです。ただ、ここまでの粘性は、半年~最高でも1年未満しか保持しないでしょう。つまり、葉液、ヘナの命の賞味期限は最高でも1年までと、そういうことなんです。だから、早く使えば使うほど、よさが実感できる、というのがヘナ石臼挽きだということになります。一定期間経過すると、たぶん、1年経過すると、普通の白髪染めということになります。






マハラニ・ヘナ

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

これぞ本物のヘナ!インド伝統のヘナ石臼挽き

やっと出会えた!最高の感触、感動の仕上がり!30年前までは、インドで、ヘナは石臼で挽かれていた…ヘナ石臼挽きの伝統は絶え、それとともに、本当のヘナの良さも失われてしまったのではないか?

2017年産石臼挽き用のヘナを選定中!染毛力(ローソニア色素)のチェック

2017年産石臼挽き用のヘナを選定中!染毛力(ローソニア色素)のチェック

2017年収穫ヘナ石臼挽き用のヘナの葉を選定中!

ヘナの産地にて2017年収穫ヘナ石臼挽き用のヘナの葉を選定中!

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・完成度が高い2016年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

動画・粘ること山芋のごとし!2014年収穫のヘナ石臼挽きの溶かし方

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

本物のヘナとはインド伝統のヘナ石臼挽き!

気持ちのよいヘナを届けたいと、こだわったら石臼挽きと真空パックに行き着いた

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

これぞ究極のヘナ!インド伝統の低温石臼挽きヘナ、よいヘナを探し求めて12年めの結論

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

世界最高峰…ヘナの頂点に立つヘナ石臼挽き、ここにあり

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

マハラニヘナ石臼挽きは気品がある最高のヘナ(2013年3月7日)

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!

これがヘナ石臼挽きのヌメリ!は、あと数ヶ月持つのか?(2013年1月12日)

世界でたった一台の商用ヘナ石臼

世界でたった一台の商用ヘナ石臼

ヘナは天然の植物、ハーブのため、植物の特性があります。ヘナの成分がヘナしている間、体中に吸収されます。そのため、ヘナ使用中、体に反応があります。気怠い、眠い、頭痛は典型的な反応です。

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

これがマイベストヘナ!石臼挽き後のヘナの染まり具合!

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナ石臼挽きはチャレンジです

ヘナの製造工程~ヘナ石臼挽き

ヘナの製造工程~ヘナ石臼挽き

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナ石臼挽きのフルイがけをしています

ヘナの産地にてヘナの葉の試し買い!

ヘナの産地にてヘナの葉の試し買い!

買い付けたヘナの葉……これからこれを清掃し、砂分や小枝を取り除いて、実際に石臼で挽いて、発色を確かめる。

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

ヘナが収穫されてから2週間少しで石臼挽き→真空パック製造へ

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今、蘇る伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

今蘇る、ヘナ石臼挽き……インドでたった一台、再び稼動した伝統のヘナ石臼挽き

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

伝統的な石臼板に石棒で粉末化する石臼の原型。昔はヘナもこの石板の上で挽かれていた。

↑ PAGE TOP