ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

樹齢百年のヘナの前で

2017年10月20日ヘナの産地からレポート

ヘナの目利き

これが樹齢百年のヘナの木??

ヘナ狩りのおばさんとおじさんと、樹齢百年のヘナの木の前で記念撮影。え、これが樹齢百年?そうなんです、はい。実に驚き。とても小さいです。株も大して大きいわけじゃない。ところが樹齢は百年、、、どうして?

色素を多く出すヘナの木はまるで盆栽のようだ。

ヘナ農園のオーナー

むかって左の男性は、まはの知り合いシバさん。彼は、ヘナの仲買人もする人。彼がこのヘナ畑に連れてきてくれた。 写真一番右の白い服をきた男性は、この土地のオーナー。彼のおじいさんのおじいさんの時代からこのヘナ畑を引き継いでいる。また、彼のおじいさんは、シャーン君のおじいさんと、この土地の横にヘナを植えた、それがいまから55年前だという。要するに、彼の畑は100年のヘナ畑と55年のヘナ畑の二つだとうい。毎年刈り取られるものだから、切株は一定以上おおきくなることはない。

ヘナ畑のヘナ盆栽……それがオレンジ色の色素をたくさん出すヘナなのだ。

ヘナ盆栽

このヘナの木は、この畑のものではないが、推定樹齢百年のヘナ盆栽。毎年、ヘナの葉の収穫のために、地表部からばっさり刈り取られてしまうために、決して大きくなることはない。ヘナの木は、放置しておくと、5メートル程度の灌木に成長するが、大きく育ててしまうと、葉にはあまり色素がのることがない。

ヘナの刈り取り

ヘナは地上部を伐採しているというのが正しい表現かもしれない。こうしたおばちゃんたちによって、毎年、地上部を根こそぎ伐採されてしまうため、ヘナは大きく成長することができず、その姿はまさしく盆栽のようだ。ただ、ヘナは大きくしてしまうと色が出なくなる。だから、仮に豊作でどんなに価格が暴落しても、ヘナは毎年刈り取ってやらないとならない。

ヘナの刈り取り

刈り取って、刈り取って、、、刈り取り続けることで、ヘナは命を振り絞って上に葉を伸ばしてくる。その芽吹きの生命力こそが、この不思議な赤オレンジの色素ということなのだ。

2017年マハラニヘナの目利き/樹齢百年のヘナの木






ヘナの産地情報・工場・畑

ヘナ産地情報

樹齢百年のヘナの前で

樹齢百年のヘナの前で

2017年産ヘナの葉の初荷が入荷

ヘナの産地にて2017年産ヘナの葉の目利き中

2017年産ヘナの葉の初荷が入荷

2017年産ヘナの葉の初荷が入荷

2016年産ヘナの買い付け中!

2016年産ヘナの葉を買い付け中!2015年産マハラニヘナ石臼挽きとの染毛力比較

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

ヘナの産地ツアー!ヘナの収穫状況

スタッフ

ヘナの収穫がヘナの産地ソジャットではじまりました

スタッフ

マハラニ・ヘナはヘナの産地の人たちと一緒にヘナ生産活動をしています

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

これがほんもののヘナの粉……ヘナ石臼挽き

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

2015年、ヘナ石臼挽きはよく粘りよく染まる、色素量2.8%

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナはローソニア色素が高い

今年のヘナはローソニア色素が高い

2015年、今年のヘナは全般的に価格が高いだけで質は並か、場合によっては並以下?

今年は豊作

2014.9.28 いよいよヘナの収穫が始まる!今年は豊作:雨と太陽に恵まれ品質も良好と予想される

ヘナは順調に生育中

2014年8月16日ヘナの産地からレポート「雨が降り、ヘナは順調に生育中!」

ヘナシーズンがほぼ終わり

ヘナの産地ソジャットでのヘナシーズンがほぼ終わり、製造も終わりへ……

ヘナの葉、初物!

2013年収穫ヘナの葉、初物!のチェック

サンプル検査中

ヘナの葉の新もののサンプル検査中(2013年)

ヘナは色素大

2013年収穫のヘナは色素大……雨さえなかったら素晴らしいヘナだったのに………残念

ヘナはダメかもしれません

2013年収穫のヘナはダメかもしれません、、まだまだわかりませんが、

ヘナサンプルを収拾

2012年10月産のヘナサンプルを収拾、まずは今年のヘナの発色をテスト中

↑ PAGE TOP