ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの発色の伸び…日にちが経過するとさらに濃く発色

染毛実験、AもBもほぼ同等だったが三日後が以下の写真。Aが断然、濃く発色している。

待ちに待った2012年産インディゴの入荷!

最近、入荷したばかりの A=2012年3月産(産地:タミルナドゥ)と、とっておきの2010年8月産(産地:タミルナドゥ)の染毛比較実験を行った。染毛直後は、両者、大差がなかった。何しろ、とっておきの2010年産、、、これと大差ないのか、なかなか高品質じゃないかと感心したが、その三日後に驚いた。Aは実に発色の伸びがよい。酸化によって色の伸びよく、色濃く藍色に発色するのが、2012年3月産。

高品質なインディゴは通常、雨が少ない6月~8月産で、雨が多い3月産は品質が悪い

インディゴの乾燥葉の3月産は、通常、具合が悪い。なぜかというと、インディゴの産地の3月とは、タミルナドゥでは多雨の時期にあたるため、インディゴの乾燥がまともにできないからだ。仮に乾燥できたとしても、カラリと乾かず、乾燥工程に問題ありで、品質が落ちる。

天候異変、2012年3月のインディゴの産地、タミルナドゥは天気続きで、インディゴの乾燥が適切に行われたために、高品質なインディゴがとれた!

そういう理由で、2012年は、3月産のインディゴ乾燥粉末をお届けすることになった。しかも、品質は写真を見てのとおりの極上。白髪の比率が高く、しかも、少しでも暗めに染めたい方は、2012年産インディゴをお試しになるといいでしょう。この3月産は4月~5月に製造され(現在も製造中)、6月下旬にアートビーングに入荷の予定です。

つづき記事
2012産インディゴは染後二日目から発色が違う!…検証インディゴの発色過程



インディゴ
マハラニ・インディゴ

↑ TOP

ヘナ遊トップインディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴ(木藍・ナンバンアイ)

インディゴの品質/製造方法と染毛力

自分の頭でチェックで最終確認!2016年マハラニインディゴの最終仕上がりは2014年産並

自分の頭でチェックで最終確認中!2016年マハラニインディゴの染毛力は良好!

2016年マハラニインディゴの染毛試験は良好

2016年マハラニインディゴの染毛試験は良好

2016年マハラニインディゴの作柄と買い付け状況

2016年マハラニインディゴの作柄と買い付け状況

2012マハラニインディゴ Lot:02 vs Lot:04X

インディゴの真実…マハラニインディゴの染毛力はなぜ高いのか?

マハラニインディゴ

黒に染めるためのマハラニインディゴ

インディゴ葉

やっと手にすることができた最高のインディゴ葉(2012)

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

これがインディゴ砂漠だ!~インディゴ葉の不純物除去工程公開

インディゴがぼそぼそせず滑らかにペーストにしあがった!

2012年産インディゴは発色の伸びがよい…日にちが経過するとさらに濃く発色

インディゴの発色の伸び…日にちが経過するとさらに濃く発色

インディゴの発色は三日間続く…検証インディゴの発色過程

検証インディゴの発色過程…染後二日目から発色が違う!

2012年は最強の染毛力~年度別マハラニ・インディゴの白髪束染毛の比較実験

インディゴの染毛力は経年劣化するのか?年度別マハラニ・インディゴの白髪束染毛の比較実験

潅水によるインディゴの品質の低下

インディゴ産地における、潅水によるインディゴの染毛力の低下

↑ PAGE TOP